第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?2017年11月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 現在、開催中のENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017。初戦の韓国戦ではサヨナラ勝ちを決め、決勝進出を果たした。稲葉 篤紀新監督の下、次世代のプロ野球を担う若手選手がアジアの頂点をかけて奮闘している。代表初選出の選手が多いが、高校時代に代表経験のある選手もいる。過去を振り返りながら、現在に迫っていきたい。

投手陣は3選手が代表を経験

堀瑞輝(第11回 BFA U-18アジア選手権より)

 投手では高校時代に代表経験のある選手が3人いる。

野田 昇吾鹿児島実-西濃運輸-埼玉西武)
堀 瑞輝広島新庄-北海道日本ハム)
田口 麗斗広島新庄-読売ジャイアンツ)

 3人ともに世代を代表する左投手であった。まず1人目の野田は2011年に日本で開催された、第9回アジアAAA選手権大会のメンバーに選出。当時は、吉永 健太朗日大三-早稲田大-JR東日本)・高橋 周平東海大甲府-中日ドラゴンズ)・畔上 翔日大三-法政大-Honda鈴鹿)などの豪華メンバーで構成されていた。その中で貴重な左腕として活躍した野田。2試合に登板し、6イニングを失点0、奪三振6という素晴らしい結果を残した。高校卒業後は社会人の西濃運輸に入部し、2015年のドラフトで埼玉西武より3位指名を受けた。

 2人目は田口。2013年に台湾で開催された、第26回IBAF 18Uワールドカップに選出。甲子園には出場できなかったものの、3年夏の決勝で同じく代表に選出された山岡 泰輔瀬戸内-東京ガス-オリックス)と投げ合い、引き分け再試合を演じるなどして注目を浴びていた。当時のメンバーには、松井 裕樹桐光学園-東北楽天)や森 友哉大阪桐蔭-埼玉西武)などプロの世界でも活躍を見せている選手が多くいた。田口の武器である、切れ味鋭いスライダーは当時から光っており、登板数は少なかったものの第1ラウンドのチェコ戦では三者連続三振に斬って取るなどして世界の舞台でも活躍した。その後、読売ジャイアンツから3位指名を受けて入団。現在は左のエースとして活躍を見せている。

 そしてルーキーながら選出された堀。昨年に台湾で開催された第11回 BFA U-18アジア選手権のメンバーに選出。甲子園優勝投手・今井 達也作新学院-埼玉西武)藤平 尚真横浜-東北楽天)寺島 成輝履正社‐ヤクルト)高橋 昂也花咲徳栄-広島)の高校BIG4が君臨していたが、大会中はリリーフエースとして大活躍。140キロ後半の速球と切れ味鋭いスライダーを武器にアジア制覇に大きく貢献した。その後、北海道日本ハムから1位指名を受け、1年目の今年は1軍を経験するなどして成長を見せている。本大会では延長11回表途中から登板し無失点に抑える好リリーフ。その後、チームはサヨナラ勝ちを収め、勝利投手となっている。

このページのトップへ

【次のページ】 ブレイクを果たした上林誠知を筆頭に、代表経験のある野手は5名

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
花咲徳栄vs春日部東【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権北埼玉大会】
鹿児島実vs出水中央【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第510回 執念で甲子園出場を! 6年ぶりの出場を狙う名門・倉敷商(岡山)の課題【野球部訪問】
横浜商vs横浜隼人【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
横浜商大高vs多摩【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
関東一vs攻玉社【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第166回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.10「吉田輝星、矢澤 宏太」【ドラフト特集】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第720回 花咲徳栄の独走を止めるのはどこだ!?北埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第720回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第717回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
第673回 試行錯誤を続ける大型捕手・石橋康太(関東一) 我慢の時を経て大爆発を 【2018年インタビュー】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
上林 誠知(仙台育英) 【選手名鑑】
オコエ 瑠偉(関東一) 【選手名鑑】
近藤 健介(横浜) 【選手名鑑】
田口 麗斗(広島新庄) 【選手名鑑】
田村 龍弘(光星学院) 【選手名鑑】
野田 昇吾(鹿児島実) 【選手名鑑】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
若月 健矢(花咲徳栄) 【選手名鑑】
鹿児島実 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
光星学院 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム