2019年09月07日 江戸川区球場

関東一vs淑徳

2019年秋の大会 東京都大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

「今年は打線が引っ張る」関東一が圧巻の5回コールドで淑徳を下す!!



2点本塁打を放つ重政拓夢(関東一)

 「今年は、土屋 大和谷 幸之助みたいな投手陣の軸が居ないので細かく繋いで打力でカバーしていきますよ」

 米澤監督は今年のチーム像、戦い方について語ってくれた。裏付けるようにこの試合は4投手で細かく継投で試合を締めくくる。

 先発マウンドには本格派左腕・今村拓哉(2年)が上がった。旧チームでは、秋春ベンチ入りしていたが夏前に故障。米澤監督も治療に専念させ夏のベンチ入りは外したが復活に期待が懸かる。スピードボールではないがキレや重みのあるストレートを中心に投げ込んでいく。

 今年は打線が中心という米澤監督の言葉通り初回から打線が繋がりを見せる。
 1番・初谷 健心(1年)が相手の失策で出塁すると、2番・渡邊貴斗(2年)の初球に盗塁を成功。走塁による揺さぶりは新チームでも変わらないようだ。渡邊が右安打で無死一、三塁のチャンスを作ると、3番・重政 拓夢(2年)を迎えた場面で一塁走者の渡邊がスタート。すると淑徳捕手・常山紫馬(2年)の送球が浮いてしまい初谷が生還。関東一が足で先取点を奪う。
 この場面について試合後に常山は、「刺せずに悔しいです。プレッシャーのかかる走塁が徹底されていました」と悔しさを滲ませた。

 その後も点数を重ねて2回裏、6対0として迎えた淑徳の攻撃。4番・常山に中安打を許すと一死から、6番・金子岳(2年)も左安打で繋ぎチャンスメイクする。そこから、7番・赤羽陽太、8番・小川凱也(2年)の適時打で1点を返し、押し出しでもう1点。俄然攻め立てていきたい淑徳打線だが、この2点止まりに終わってしまう。淑徳が勝機を見出すなら2回裏の攻撃がすべてだったと考える。

【次のページ】 関東一vs淑徳(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
関東一vs拓大一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
関東一、都立国立など8校が都大会出場決定!【秋季東京都大会 一次予選 14日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
今夏の甲子園に出場した関東一、國學院久我山がコールド発進!秋季東京都大会 一次予選4試合をレポート! 【ニュース - 高校野球関連】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第52回 関東一伝統の「1番センター」を受け継ぐ大久保翔太。大ファインプレーは師匠の教えがあった【101回大会特集】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
関東一vs熊本工【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
第842回 キューバ遠征で自分を変えたい! 東東京屈指の速球派右腕・谷 幸之助(関東一) 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
第674回 試行錯誤を続ける大型捕手・石橋康太(関東一) 我慢の時を経て大爆発を 【2018年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
淑徳 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る