2019年09月07日 江戸川区球場

関東一vs淑徳

2019年秋の大会 東京都大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

「今年は打線が引っ張る」関東一が圧巻の5回コールドで淑徳を下す!!



2点本塁打を放つ重政拓夢(関東一)

 「今年は、土屋 大和谷 幸之助みたいな投手陣の軸が居ないので細かく繋いで打力でカバーしていきますよ」

 米澤監督は今年のチーム像、戦い方について語ってくれた。裏付けるようにこの試合は4投手で細かく継投で試合を締めくくる。

 先発マウンドには本格派左腕・今村拓哉(2年)が上がった。旧チームでは、秋春ベンチ入りしていたが夏前に故障。米澤監督も治療に専念させ夏のベンチ入りは外したが復活に期待が懸かる。スピードボールではないがキレや重みのあるストレートを中心に投げ込んでいく。

 今年は打線が中心という米澤監督の言葉通り初回から打線が繋がりを見せる。
 1番・初谷 健心(1年)が相手の失策で出塁すると、2番・渡邊貴斗(2年)の初球に盗塁を成功。走塁による揺さぶりは新チームでも変わらないようだ。渡邊が右安打で無死一、三塁のチャンスを作ると、3番・重政 拓夢(2年)を迎えた場面で一塁走者の渡邊がスタート。すると淑徳捕手・常山紫馬(2年)の送球が浮いてしまい初谷が生還。関東一が足で先取点を奪う。
 この場面について試合後に常山は、「刺せずに悔しいです。プレッシャーのかかる走塁が徹底されていました」と悔しさを滲ませた。

 その後も点数を重ねて2回裏、6対0として迎えた淑徳の攻撃。4番・常山に中安打を許すと一死から、6番・金子岳(2年)も左安打で繋ぎチャンスメイクする。そこから、7番・赤羽陽太、8番・小川凱也(2年)の適時打で1点を返し、押し出しでもう1点。俄然攻め立てていきたい淑徳打線だが、この2点止まりに終わってしまう。淑徳が勝機を見出すなら2回裏の攻撃がすべてだったと考える。

【次のページ】 関東一vs淑徳(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中日・石川昂弥にかかる和田一浩以来の日本人選手による30本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
千葉市シニア出身の捕手争いに注目!中日・郡司裕也と石橋康太は互いに実戦でアピール 【ニュース - 高校野球関連】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第3回 これぞ球史に残る一戦! 東京 2019年ベストゲームは名門校同士の一戦!【東京の高校野球】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
関東一vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
関東一vs駒込【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大鶴ヶ丘vs関東一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
関東一vs仙台育英【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
関東一vs海星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
第842回 キューバ遠征で自分を変えたい! 東東京屈指の速球派右腕・谷 幸之助(関東一) 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
淑徳 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る