試合レポート

【仙台六大学】異例の3試合連続サヨナラゲーム、東北学院大が激戦制し今春初勝ち点獲得

2024.04.23


サヨナラ打を放ち笑顔を見せる東北学院大・高橋琉

<仙台六大学春季リーグ:東北学院大3-2東北工業大>◇22日◇第2節3回戦◇東北福祉大

初戦は東北学院大、第2戦は東北工業大がサヨナラ勝ちし、1勝1敗のタイとなって迎えた第3戦。タイブレークまでもつれた熱戦をサヨナラ勝ちで制したのは東北学院大だった。3試合連続のサヨナラゲームとなった激戦のカードで勝ち越し。今春初の勝ち点を奪取した。

東北学院大は3回、リーグ戦初出場初スタメンの2番・伊藤 和哉外野手(1年=学法石川)の犠飛で先制する。その後は追加点を奪えずにいた中、こちらもリーグ戦初登板初先発のアンダースロー右腕・小野 涼介投手(1年=一関学院)が7回まで2安打無失点と好投。8回は3死球を与え、追いつかれて降板したものの、同じく初登板の左腕・五十嵐 悠悟投手(1年=鶴岡東)が、見事な火消しを披露した。

タイブレークが適用された10回表に1点を失ったが、その裏、先頭打者が四球で出塁し無死満塁の好機をつくる。代打・小野 洋一郎内野手(1年=東北)が押し出し四球を選び同点とすると、最後は1番・高橋 琉外野手(3年=久慈)が右前へ抜ける適時打を放ち、試合を決めた。

高橋は「10回表にセンターフライを取り損ねたので、それを取り返そうという気持ちで打ちました」と最後の打席を振り返り、「小学6年生以来」だというサヨナラ打を喜んだ。中堅を守る高橋は10回表、2死三塁の場面で右中間に飛んだ打球を左翼寄りの守備位置から走って追いかけ、ダイビングキャッチを試みた。「投手陣が頑張ってくれているので、守っている野手が取って助けよう」との思いはわずかに届かず、適時二塁打に。守りの悔しさをバットで晴らした。

昨秋は「1番・中堅」の定位置をつかみ、自慢の俊足を生かして盗塁王に輝いた。今春は開幕戦で5打数無安打と1番の仕事を果たせなかったが、第2、3戦はいずれも2安打1盗塁と修正。最高の形で開幕カードを終え、「不安な気持ちが消し飛んだ」と胸をなで下ろした。不動のリードオフマンが今春も打線をけん引する。

東北学院大は次節、昨年春秋ともに1勝ずつを挙げた仙台大と対戦する。ポテンシャルの高い1年生が多数加わりレベルアップした新チームで、今度こそ勝ち点を奪いにいく。

(取材=川浪 康太郎)

<関連記事はこちら>
【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”
【仙台六大学】東北福祉大が開幕から4試合連続コールド勝ち!左の好打者・松本優大が2試合連続弾
【仙台六大学】東北学院大がサヨナラ白星発進!殊勲打の奥山蓮「4年生を勝たせたい」
【仙台六大学】東北福祉大が3発快勝!今春初先発の剛腕・堀越啓太は6回無失点好投

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商