試合レポート

【仙台六大学】東北学院大がサヨナラ白星発進!殊勲打の奥山蓮「4年生を勝たせたい」

2024.04.21


試合を決めるサヨナラ打を放った東北学院大・奥山蓮

<仙台六大学野球春季リーグ:東北学院大5-4東北工業大>◇20日◇第2節1回戦◇東北福祉大

昨秋4位からの巻き返しを図る東北学院大が、サヨナラ勝利で開幕白星スタートを切った。開幕カードの相手は、昨秋も開幕カードで当たって連敗を喫した東北工業大。因縁の相手から、まずは1勝をもぎ取った。

東北学院大は7回までに3点のリードを奪い、先発の左腕・堀川 大成投手(3年=東日本国際大昌平)が7.2回を投げて11三振を奪う好投を見せるも、中継ぎ陣が踏ん張れず同点に。東北工業大に流れが傾きかける中、9回1死から主将の3番・小林 三邦内野手(4年=鶴岡東)が右前打で出塁した。

4番・秋田 真内野手(4年=札幌国際情報)は申告敬遠、5番・井上 裕策内野手(4年=仙台南)は右前打で1死満塁。絶好機で右の好打者・奥山 蓮外野手(3年=聖光学院)が打席に立った。

「4年生がつないでくれた。なんとか4年生を勝たせたいという思いで打ちました」。第1、2打席は差し込まれ、いずれも外野フライ。第3打席でバスターエンドランを決め、直球にアジャストする感覚をつかんだことから、この打席でも直球を狙った。2球目、狙い通り高めの直球を弾き返すと、打球は左翼手の頭を越えた。

仲間から祝福を受けた奥山は「初戦の相手が工大と決まった時から、去年負けたことがみんなの頭の中にあった。初戦で勝つことを全員で一つの目標にしてきたので、こういう勝ち方ができてよかった」と笑顔を浮かべた。昨年からレギュラーを張っていた小林、秋田、井上がつないでくれた打席だっただけに、喜びもひとしお。「(次戦以降も)厳しい戦いが続くと思うが、その中でも勝ちきりたい」と次を見据えた。

昨秋3位の東北工業大はエース左腕・後藤 佑輔投手(4年=仙台育英)が苦しみながらも完投。打線も8回に代打・菊田 空良捕手(2年=仙台育英)が2点適時二塁打を放つなど、終盤で追いつく粘りを見せたが、接戦をものにすることはできなかった。気持ちを切り替え、今春初白星をつかみにいく。

(取材=川浪康太郎)

<関連記事はこちら>
【仙台六大学】東北福祉大が3発快勝!今春初先発の剛腕・堀越啓太は6回無失点好投

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?