京都国際が健闘するも大阪桐蔭が逆転コールド勝ち



6回裏に逆転の満塁弾を放った花田旭(大阪桐蔭)

 春夏通じて初の甲子園出場が濃厚となった京都国際が優勝候補の大阪桐蔭に挑んだ。

 京都国際は1回表、一死から連打で一、二塁のチャンスを作ると、4番・森下 瑠大(1年)が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、先制点を挙げる。その後、二死満塁から押し出し死球で1点を追加し、準々決勝の神戸国際大附戦と同様に先制パンチを浴びせた。

 3回表にも一死満塁と追加点のチャンスを迎えたところで、大阪桐蔭は先発の川井 泰志(1年)に代えて、竹中 勇登(2年)をマウンドに送る。竹中はこのピンチを一塁ゴロと空振り三振で切って取り、追加点を与えない。京都国際にとっては勢いを絶たれる形となった。

 それでもこの日は先発の平野 順大(1年)が好調だった。縦のスライダーやカーブを有効に使い、5回まで1安打無失点とほぼ完璧な投球を見せる。

 このまま逃げ切るかと思われたが、大阪桐蔭はタダでは終わらない。6回裏に四球とポテンヒットで無死一二塁とすると、2番・野間 翔一郎(2年)が三塁側に絶妙なセーフティバントを決め、満塁とする。ここで3番・宮下 隼輔(2年)が右犠飛を放ち、まず1点を返すと、二死満塁から6番・花田 旭(2年)が甘く入った変化球をバックスクリーン付近に叩き込む逆転の満塁弾を放った。

「整備の時に気持ちがフワっとしてしまった」と悔やんだ平野。少しの隙を一気に攻め込まれ、この回途中で降板。2番手にエースナンバーを背負った森下がマウンドに上がった。

 京都国際は7回表に5番・辻井 心(1年)と6番・松下 恵富(2年)の適時打で2点を返したが、一度、大阪桐蔭に傾いた流れを止めることはできなかった。

 大阪桐蔭は7回裏にも4番・池田 陵真(2年)の犠飛や相手のミスなどで3点を追加すると、最後は二死満塁から1番・繁永 晟(2年)の右前2点適時打で7点差とし、コールド勝ちを決めた。

「守りに入ってしまったのか気持ちが切れてしまいましたね」と後半の戦いを振り返った京都国際の小牧憲継監督。中盤までいい戦いを見せていただけに悔やまれる敗戦となった。

 それでもスタメンに1年生が5人並ぶ若いチームには伸びしろがある。小牧監督は今後の課題を次のように語っている。

「バッテリー中心に勝ち上がってきたチームなんですけど、野手がまだまだ底上げができていないので、相当レベルアップが必要だと思います。下級生が多くてまだバットが振れないので、もっと打てるようにしたい平野と森下が切磋琢磨して、どちらがエースナンバーになるのか、しっかり競ってほしいと思います」

 初出場が期待される来春の甲子園でどんな戦いを見せてくれるのだろうか。冬場での成長に期待したい。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。