試合レポート

【春季愛知県大会】明るく元気な野球で、津島が岡崎城西を振り切る

2024.04.15


3点目のホームインした工藤を明るく迎える津島ベンチ

<春季愛知県高校野球大会:津島3-1岡崎城西>◇14日◇1回戦◇豊橋市民

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧

前日13日に開幕した春季愛知県大会は、この日1回戦の残り試合と2回戦が行われた。

岡崎城西は西三河地区予選では、敗者復活の順位決定トーナメントから勝ち上がってきた。津島は、尾張地区決勝トーナメントへ進み、強豪・愛知黎明を下すなどしての出場である。昨年秋にも、秋季大会後の全尾張大会予選では愛知啓成を下している。こうした、力のある私立校に競り勝っていけたということは、チームとしては間違いなく自信になっている。

この試合、似たような力同士の対決となり、岡崎城西永田 航大投手(3年)、津島西尾 友志投手(3年)と両先発投手の投げ合いとなっていった。どちらも、驚くような球威やスピードがあるというワケではないが、制球に気をつけながら、それぞれの持ち味を出しながら、いい投手戦を展開していった。ことに、津島の西尾投手は低めへのコントロールを意識した投球で、丁寧に投げていたという印象だった。

津島の谷山和広監督は、「西尾は、いくらか調子を崩していて、必ずしも万全ではない状態だったんですけれども、よく投げてくれた。常々、エースは自分の調子が悪い時でも、悪い時なりに投げられるようにならないといけないということは言ってきているのだけれど、それを実行してくれた」と西尾投手の粘りの投球、踏ん張りを評価していた。

津島は初回、安打で出た2番・橋本 誠斗内野手(3年)が盗塁と失策などで1死満塁となったところで、暴投で生還し先制。岡崎城西は3回、2死一、二塁から、5番・永谷 朝希内野手(3年)が適時打を放って同点となる。

1点をめぐる戦いのまま迎えた5回。岡崎城西は1番からの好打順だったが生かしきれなかった。その裏、津島は先頭の7番・福谷 真吾外野手(2年)が中前打で出塁すると、バントで二塁へ進む。2死となってから、主将で1番の山崎 真輝外野手(3年)が、勝負強く中前へはじき返して、二塁走者がヘッドスライディングで生還した。さらに、6回にも同じように2死二塁から、今度は6番・伊藤 颯祐内野手(3年)が左前へ適時打を放って貴重な3点目が入った。

このリードを津島の西尾投手は粘り強い投球で7回以降は0に抑えていった。

試合後は、山崎主将が谷山監督にウイニングボールを届けにやってきた。この球は、最後の打球、難しい飛球となったが左翼手の山崎が懸命に走り、フェンスを怖がらずに好捕して得たものでもあった。谷山監督は津島へ赴任して6年目ということだが、実は県大会では勝ったことがなかったので、公式戦県大会初勝利ということにもなって、それを気遣った山崎主将が届けに来たということだった。「本当によく気の利くヤツで、気配りができるし、じゃんけんなんかでも相手の眼を見て何を出すかを読んで、じゃんけんも強いんです。守りの位置なんかも、レフトから皆に指示を出して、思い切ったポジション取りなどもしています。そういう気の付く子でもあるんです」と、嬉しそうだった。そして、谷山監督はウイニングボールを大事にバッグにしまい込んでいた。

その山崎は、この試合では5回に決勝打も放つなど、まさに流れを作って、最後を締めたといっていいであろう。「明るく楽しく野球をやろう」というのがチームのモットーでもあるというが、それが十分に表されていた。

岡崎城西としては3回、いい形で追いついたが、その後は西尾投手の上手さに交わされて、三塁まで走者を進めることもできなかった。永田投手もよく投げていただけに、打線がもう工夫、何とかしてあげたかったところであろう。

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?