北本佑斗、新地智也、代木大和…。明徳義塾が誇る左の技巧派エースの秋季大会の成績がすごすぎる!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.11

代木 大和(明徳義塾)

 2016年、2017年、2019年、2020年と四国大会優勝を果たしている明徳義塾。そのうち、16年、19年、20年で共通しているのは技工派左腕がエースとなっていることだ。

 2016年~2017年にかけてエースだった北本 佑斗は、8試合に登板し、63イニングを投げ、防御率1.00の好成績をマーク。

 2017年の選抜でも力投を見せた。そして2019年のエース・新地 智也は昨秋の四国大会4試合すべて完投。完封はなかったが、防御率1.20、無四球と抜群のコントロールを発揮した。

 そして今年のエース・代木 大和はも高知・四国大会7試合7完投・4完封(うち7回完封2度)。62回・807球を投げ234打者に対し被安打42・54奪三振・四死球10・失点及び自責点4で防御率0.58と圧巻の成績を残した。

 代木はこれまでの2人と違って、183センチと上背があって、ボールに角度があること。技巧派左腕だけれど、パワーを兼ね備えた左腕になる可能性がある。四国で見せてきた「代木無双」は来春、全国の舞台で発揮できるか。

(記事=河嶋 宗一

【関連記事】
2010年から優勝は5度!直近10年の明徳義塾の秋の大会の成績は圧巻 【ニュース - 高校野球関連】
岸潤一郎とともに甲子園でプレーし、本塁打を放った宋皞均(明徳義塾出身)が任意引退 【ニュース - 高校野球関連】
明徳義塾vs聖カタリナ学園【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs鳴門【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1029回 【秋季四国大会展望】キーワードは準決勝までの「勢い」と「経験値」【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs高知【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
北本 佑斗(明徳義塾) 【選手名鑑】
代木 大和(明徳義塾) 【選手名鑑】
新地 智也(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
サイヤング賞候補・前田健太がエースで躍進!2006年選抜4強入りのPL学園メンバーのその後
次の記事:
都立校出身で初めてのタイトル獲得!石川柊太(都立総合工科出身)が2冠に輝く活躍!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る