印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第66回 千葉ロッテマリーンズ 唐川侑己選手2011年06月07日


 成田高時代、2年春のセンバツ初戦の小松島戦で10三振を奪い、一躍注目を集めた唐川侑己。3年春のセンバツでは、初戦・広陵戦で延長12回の末、1対2で敗退。最後の夏は、県大会5回戦・東海大浦安戦で延長14回を投げ抜き、0対1で敗れたが、キレと伸びある真っ直ぐを武器に27イニング無失点の記録を打ち立てた。その年のドラフトでドラフト1巡目でロッテに入団。プロ4年目となる今季は4勝1敗、2完封(5月27日現在)と活躍中。その唐川投手から今回、夏まで残り1か月を迎えた球児たちに向けてメッセージをいただきました。

【目次】
■プロ4年目の活躍
■高校時代を振り返って
■キレと伸びのある真っ直ぐを磨くコツ
■夏の予選に向け今からレベルアップできること


プロ4年目の活躍

"気持ちの面でも余裕を持って"

――まずはプロ4年目の今年も、すでに4勝を挙げ、2完封と好調ですね。

唐川選手(以下「唐」) 今は結果がついてきてるって感じです。とくに去年と比べて、大きな違いはないのですが。ただ、今までプロで3年間やってきた中で、色々考えることもあったし、投げてるときにも色んなことを考えながら投げれるようになりましたね。気持ちの面でも余裕を持って投げられるようになりました。

――とくに自分が変化したなと思う部分は?

「唐」 そうですね、例えば次の球を投げる意味とか。この場面でこれだけはやっちゃいけないとか、こういうところは気を付けて投げようとか。そういう所を自分で理解できるようになりました。

 具体的にいうと、例えば2ナッシングからアウトコースのスライダーのサインが出たら、別にそれはストライクに投げる必要はないですよね。それが、たとえワンバンとかバッターが振らないようなボールでも2ストライクから勝負できる。

でも、もし2ナッシングから、そこでスライダーがストライクにいって打たれたら後悔するじゃないですか。これは基本的なことを例に挙げましたが、こういった配球ひとつでも理解しながら投げられるようになりました。

【次のページ】 千葉ロッテマリーンズ 唐川侑己選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

浅尾拓也
唐川侑己
  • 生年月日:1989年07月05日
  • 出身地:千葉県成田市
  • 成田高等学校-千葉ロッテマリーンズ
  • 08年ドラフト会議にて、千葉ロッテマリーンズ、広島東洋カープから1巡目指定を受け、抽選で交渉権を得た千葉ロッテマリーンズに入団。
    平成生まれのプロ野球選手の勝利投手第一号をはじめとして、鋭いスライダーを持ち味にますます活躍を続けている。
【関連記事】
第11回 「1位は奥川か佐々木、どちらにいくんでしょうか」スポーツライター・小関順二さんがロッテのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第91回 ファーム2冠で2020年飛躍の助走へ 安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)【高校野球コラム】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第855回 ガムシャラさから脱力を追求 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【前編】 【2018年インタビュー】
第410回 千葉ロッテマリーンズ 鈴木 大地選手 vol.3「名手・鈴木 大地を作り上げた中学時代の挫折」 【2016年インタビュー】
第409回 千葉ロッテマリーンズ 鈴木 大地選手 vol.2「守備を支える独自のグラブのこだわり」 【2016年インタビュー】
唐川 侑己(成田) 【選手名鑑】
成田 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー