大谷翔平投手

 3月に予定されている「2023ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の記者会見が6日、都内で行われ、栗山英樹監督に加え、先行発表された12人のメンバーのうちの1人、エンゼルス・大谷 翔平投手(花巻東出身)が出席した。WBCについてはもちろん、栗山監督、そしてライバル国に対する印象など、大会への思いを口にした。

優勝だけを目指して夢舞台は勝つだけ

ーー初となるWBCへの出場はもちろん、5年ぶりに日本ファンの前でのプレーとなります。大会への意気込みやファンへどんなプレーを見せたいでしょうか
大谷:優勝だけを目指して、勝つことだけを考えていきたいと思っています。また前回は出場できず、初めてのWBCになるので、楽しみにしながら頑張りたいと思います。

ーー大会に向けて楽しみにしていることは何でしょうか
大谷:緊張感も含めた、なかなか味わえない試合を大事にしていくという意味で、楽しむことはあるかもしれませんが、遊びの野球とは違う、緊張感のなかの楽しみ方が大事だと思います。

ーー第1回、第2回大会で優勝した時、WBCにどんな憧れを持っていましたか
大谷:一番は韓国戦のイメージが強いです。当時は学生で野球が一番楽しい時期だったので、日本のトップ選手たちが1つのチームになって、他の国のトップチームとやるだけでワクワクしていました。

 そういうプレー、試合を見て、「いつかできたら面白いだろうな」と1つの夢として持っていたので、話をもらった段階で前向きな気持ちでした。前回はケガで出られなかったこともあるので、なおさら出場したいという気持ちになりました。

ーー大会出場に向けて、自身の中で大切にしたいことは何でしょうか
大谷:勝つことだけを考えて、それ以外は何でもいいと思います。チームも勝利を目指す中で、自分を1つの戦力として必要だと言ってもらえたことに嬉しさを感じていますし、それに応えていけるようにしたいです。

ーーどんな形でチームに貢献したいと考えていますか
大谷:代表レベルになれば、誰かに言われずとも動ける選手が集まっているので、自分たちがやるべき役割を1人1人がこなしていくのが、良いチームになる要因の1つだと思います。自分自身も言葉で引っ張るタイプではないので、やることはしっかりやりたいと思います。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。