目次

[1]「成長したい」親元を離れて大きく成長
[2]一番力が出るのは誰かのためにやるとき

 昨秋のドラフトでは秋広 優人二松学舎大附出身)、阿部 剣友札幌大谷出身)の2メートルコンビが指名された。ドラフト戦線において“大型投手”は、やはり各球団が求める選手の1人である。

 事実、選抜ではこの世代の大型投手の代表格・達 孝太天理)は大きな注目を浴びた。そんな達同様に“大型投手”と分類してもいい逸材が岡山の新鋭・岡山学芸館にいる。最速147キロを計測する184センチ右腕・仲村 竜である。



「成長したい」親元を離れて大きく成長


 沖縄出身の仲村は中学時代、地元の宜野湾中の野球部に所属して投手としてプレー。当時から既に139キロを計測する剛腕として存在感を発揮していた仲村は、沖縄選抜としてドリームカップという大会に参加するほどの実力の持ち主だった。

 高い能力を秘めていた仲村だったが、高校では沖縄県内のチームを選ばずに、岡山県にある岡山学芸館への進学を決めた。「母親は県内でプレーをしてほしかったと思います」と仲村は前置きをしながら進学の理由を語った。

「元々、寮生活をしたいと思っていたんです。あとは県外に飛び出して自分を追い込んだり、レギュラー争いやいろんな強いチームとの試合を通じて、様々なことを勉強して成長をしたいと思っていたんです。そこに岡山学芸館さんに声をかけてもらったので、進学することを決めました」

 より高いレベルを追い求めて地元を離れ、岡山学芸館へ飛び込んだ仲村。139キロを計測する剛腕として入学し、早くから潜在能力の高さを発揮して対外試合デビューもしていくこととなるが、ここで佐藤貴博監督は仲村にフォームの変更を指示したと語る。

 「入学時点で139キロを投げるので、それだけの筋力やポテンシャルはやっぱりあるんです。ただ、そういったところに頼りっきりのフォームだったので、きちんと自分の体重や勢いを使ったフォームで投げられるように指導をしましたね」

 そこで一番変わったのが左足の使い方だった。
 「中学時代まではトルネード気味に左足を上げたらねじって身体にタメを作っていました。ですが、その反動で開きやすいところがありましたので、監督からは足をあげたら真っすぐ下ろしてからスムーズに体重移動をするようにアドバイスをもらいました」

 軸足へのタメが少なくなったが、以前のひねることで生み出す遠心力で投げることが無くなったことで、制球力が安定した。また重心移動による並行移動から、肩の入れ替えだけで投げるシンプルな動きになったことで、リリースを前で出来るようになった。また下半身の力も使えることになったなどもあり、球速が増したと仲村は効果を実感した。

 こうしたアドバイスを吸収して成長した仲村は早くから結果を残していき、1年生の夏でベンチ入りを掴む結果を残した。
 「試合に出場した時に結果をあまり気にせずに思い切ってプレーするようにしました。その中で試合の作り方などを先輩とのコミュニケーションを通じて勉強していました。とにかく一生懸命やっていたところに結果がついてきたことで信頼を勝ち取れたんだと思います」