目次

[1]中学時代は山村崇嘉の陰に隠れるも高校で才能が開花
[2]投手でも打者でもチームに貢献していきたい

 2019年の秋季東京都大会でベスト8に進出した日大二。進学校でありながら、毎年バランスの良いチームを作り上げるが、今年はエースで4番の折笠 利矩が中心となってチームが作られている。

 投手としては驚くような球威は無くても、低めへの制球力が抜群で変化球のコマンド能力も高い。また打者としても、懐が深い構えから直球にも変化球にも対応できる技術を持っており、秋季大会では17打数8安打、4打点の活躍を見せた。
 今回は、そんな折笠にこれまでの歩みを伺い、今後の目標についても迫っていく。

中学時代は山村崇嘉の陰に隠れるも高校で才能が開花


 小学校1年から野球を始めた折笠。落合コメッツ、中野リトルを経て、中学では東京都の名門・武蔵府中シニアへ入団した。
 当時のチームには東海大相模のドラフト候補・山村 崇嘉がスーパースターとして活躍しており、折笠はその陰に隠れる形になっていた。投手としては2番手で、試合には主に外野手として出場して打順は6番。中学時代は、決して目立つ存在ではなかったと振り返る。

 「今はコントロールにも自信が持てるようになりましたが、中学の時は課題はコントロールでした。球もそんなに速くなくて、バッティングも今ほど自信はなく、高校に入って良くなっていったなと思います」

 日大二中に通っていた折笠は、進学先に悩みながらもそのまま日大二に入学することを決意する。決め手となったのは、第99回全国高等学校野球選手権大会西東京大会でベスト4に進出した先輩たちの姿を目にしたことだ。



打撃練習を行う折笠利矩(日大二)

 「進路を色々考えていた時に、3学年上の先輩たちがベスト4まで行ったの見て日大二にいこうと思いました。そこで自分も甲子園を目指したいなと」

 入学後、体作りに力を入れている日大二の方針の下で、折笠も少しずつ力をつけていき、まずは打者として頭角を現す。2学年上の3年生が抜けた後の新チームでは、1年生ながら外野手としてレギュラーを掴みクリーンナップを任される。試合経験を積む中で、徐々に自信を深めていった。

 日大二の田中吉樹監督は、折笠の打者としての特徴に「しぶとさ」を挙げて信頼を口にする。
 「今は4番に置いていますが、一番良いところはしぶといところですね。しぶとく喰らいついていき、甘いところにきたら長打をしっかり打つタイプです」