第647回 徹底した体作りで選手を鍛え上げる日大二(東京) 打撃力の「一点突破」で夏に飛躍を2019年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]体作りを最も重視した練習方針
[2]秋以降も「打撃力」の一点突破の構え

 秋季東京都大会でベスト8進出を果たした日大二。準々決勝では惜しくも創価の前に屈したが、毎年、都大会では虎視眈々と上位を狙える位置につけており、その存在感を示し続けている。

 だが日大二にはそもそも野球推薦の枠はなく、一般受験や中等部から上がってきた選手のみでチームは構成されている。そんな中でも、強豪がひしめく東京都で毎年実績を残し続ける秘訣はどこにあるのか。
 チームを率いる田中吉樹監督にお話を伺い、新チームの状況についてもお話を伺った。

体作りを最も重視した練習方針



日大二の集合写真

 東京都杉並区天沼にある校舎から、1時間弱の場所にあるグランドがある日大二。野球推薦の枠がないだけでなく、進学校であることから勉学も厳しく練習時間は十分に確保できない。そんな中で、日大二はいかにして選手の実力を伸ばしているのか。

 その疑問に対して、田中監督は徹底した「体作り」にあると断言する。
 「体つくりを一番重視し始めたのは、3、4年前くらいからです。体つきが良くなると、パワーもついて足も速くなり、柔軟性も上がります。時間もないので、選手の体を大きくして打撃型のチームを作らないと勝てないと思ったのがきっかけです」

 日大二ではトレーニングはもちろんのこと、練習中の補食や練習後のプロテインを徹底して摂らせて体つくりを推し進めている。 プロテインは栄養素をカスタマイズした「オーダープロテイン」を採用しており、また定期的に筋力や柔軟性、瞬発力の測定も行ことで成長が可視化できるようにもしている。



プロテインは大きな瓶に入れて選手たちが各々で飲んでいる

 「プロテインは、体を大きくしたいのでタンパク質の含有量を多くしてもらいました。最近では、選手たちが自らプロテインを研究するようになり、自分で調合して飲む奴まで現れました。体力測定も行ってるので、自分たちで課題を自覚できているのだと思います」

 選手たちだけでは行き届かないような体作りのサポートを継続したことにより、一般受験で入学してきた選手でも、3年生になる頃には強豪校の選手も負けない体つきに成長。そして成長した選手と共に、打撃中心のチームを作り上げることで日大二は毎年実績を残しているのだ。

 「うちは実績のない選手が多いのですが、入学してから力がついて実績を残す選手が多いです。入ったときは本当に力の無かった選手が、大学まで野球を続けることができたケースもあるくらいです」

【次のページ】 秋以降も「打撃力」の一点突破の構え

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第1110回 中学時代は日本代表のスターに隠れていた折笠利矩(日大二)が都内屈指の二刀流になるまで 【2020年インタビュー】
第8回 神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】【東京の高校野球】
第241回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち  骨太の二刀流・折笠 利矩(日大二)【ドラフト特集コラム】
創価vs日大二【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大二vs都立小山台【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
佼成学園vs都立片倉【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立紅葉川vs都立武蔵村山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
大森学園vs東京成徳大高【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第69回 日大二(西東京)「目指すのは日本一”熱い”夏!」【僕らの熱い夏2019】
折笠 利矩(日大二) 【選手名鑑】
日大二 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム