第1094回 最速151キロ、二季連続甲子園ベスト4と全国的な活躍も…。もがき苦しんだ中森俊介(明石商)の2019年【前編】2020年01月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]誰よりも文句なしの内容が求められる
[2]雨天中止がもたらした近畿1勝と中森の復調

 2002年生まれの中でも世代ナンバー右腕の呼び声が高い中森 俊介(明石商)。実際にその投球は素晴らしいものがある。常時140キロ中盤・最速151キロの直球、多彩な変化球の精度もレベルが高い。

 だからこそ求められるものが非常に高い。中森にとって2019年はさらに高みを目指すうえで、苦しんだ1年だったといえる。そんな中、中森は進化するためにどんな答えを導きだしたのか。2019年を振り返りながら、迫っていく。

動画はこちらから!


誰よりも文句なしの内容が求められる



インタビューに応じる中森俊介(明石商)

 選抜では4試合・31.2回、7失点の好投、選手権では最速151キロをマークするなど全国の舞台では、ハイレベルなピッチングを見せる中森 俊介だが、自分自身のピッチングは納得していない。
 「正直いうと、先輩に頼りすぎたところがあったと思います。夏でいえば杉戸 理斗さんに頼りすぎてしまったところがあり、エースにふさわしいピッチングが全然できなかったと思います。秋もフォームを見失ってしまいました」

  

 球速、球威、変化球ともに申し分ないが、中森、狭間善徳監督ともに理想が高い。約1年とバッテリーを組んだ水上 桂(東北楽天7位)が語る。
 「普通の投手の場合、勝てばナイスピッチングなのですが、中森の場合は無失点でも、安打数が多ければ良くないと指摘される感じです。だから求められるものは本当に高いなと思いました」

 そんな期待が高いのは、狭間監督が中森を初めて見たときに惚れ込んだことが影響している。
 「私が初めて見たのは、中森の中学2年生秋頃です。私が明徳義塾中時代につながった先生の紹介で、篠山東中学校を寄らせていただいたのですが、今も忘れもしません。三塁側のブルペンで投げていたのですが、非常に良いボールを投げていました。足も遅くないですし、打撃もよい。惹かれましたね」



キャッチボールをする中森俊介(明石商)

 中学3年には最速138キロをマークし、中森も明石商の練習を見て、進学を決断。わずか2年で151キロまでスピードアップしたが、中森のなかで、2年生になってからのピッチングは、満足せず、投球フォームの変更を行った。
 「自分の投球フォームは、テイクバックに入る際、腕だけ遅れて入ることがあるので変えてみたいと思ったんです。踏み出す際に、右肩が上がっている状態。また足上げも変えたんですが、変えた結果、バラバラになってしまいました。
 どう崩れてしまうのかというと、前に突っ込んでしまうというか、左足で一本で立つ時に、どうしても前傾姿勢になったりとか後ろに反ってしまったりとか安定しないのが課題でした。」

 ピッチングの状態は上がらず、秋の大会では打たれる試合も多くなり、本来のピッチングができなくなってしまった。狭間監督はシーズン中に投球フォーム変更したことを厳しく叱責した。
 「なんか見たら足の挙げ方が変わっているんですよ。呼んだら『奥川さんの真似をしています』と答えて、『それはあかんで。お前な、それは(試合がない)冬にやるもんや。何を途中に変えるんだ』と怒って、元に戻したんですけど、状態はなかなか上がらなかったんですよね」

 狭間監督は中森の探求心の高さによる行動だったと語る。中森がいろいろな投手の動画を見て参考にしていることは知っている。ただ公式戦が続く中での投球フォーム変更はリスクがある。それを指摘したのだ。

【次のページ】 雨天中止がもたらした近畿1勝と中森の復調

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

川野 涼多(九州学院)
中森 俊介
  • 明石商
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:182センチ86キロ
  •  
【関連記事】
第254回 この4人は別格。中森俊介(明石商)、高橋宏斗(中京大中京)、篠木健太郎(木更津総合)、小林樹斗(智辯和歌山)の魅力とは【ドラフト特集コラム】
明石商vs桐生第一【2020年甲子園高校野球交流試合】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー