目次

[1]来田涼斗からは大きな刺激を受けている
[2]甲子園出場のチャンスはすべてものにしたい

 今春のセンバツで初の4強入りを果たした、明石商の2年生エースとして総合力の高い、センスあふれる投球を披露した中森 俊介。全4試合に登板し、計31回3分の2を投げ、3完投、30奪三振を記録。全国の舞台でプロのスカウト陣の評価を大きく上げた。センバツ大会直前、明石商を訪問した際に中森投手に行ったインタビューの後編をお届けしたい。

◆驕ることなく地道に積み上げた鮮烈な甲子園デビューまでのルーツ 中森俊介(明石商)【前編】

来田涼斗からは大きな刺激を受けている


 「1年春からベンチ入りメンバーに入りたいと思ってました」

 明確な目標を抱き、高校野球の世界に飛び込んだ。控え投手として入学早々にベンチ入りを果たすと滝川第二との春季兵庫大会・決勝で先発を務め、5回1失点。近畿大会・大阪桐蔭戦でも先発マウンドに上がり、貴重な経験を積んだ。背番号17をつけ、臨んだ夏の甲子園大会はリリーフで登板し、全国デビュー。当時の自己新となる145キロを聖地で記録し、注目を浴びた。新チームでは1年生ながらエースナンバーを背負い、昨秋の近畿大会準優勝に大きく貢献。今春のセンバツ出場の原動力となった。

―― 高校野球人生、ここまで順調な道を歩んでますね。
中森 「1年春から公式戦に出場し、1年夏、2年春には連続甲子園出場を果たすことができましたからね。いい感じできているとは思います。日々、野球と向き合うことが楽しいですし、充実しています」

―― 中森投手同様、1年春からベンチ入りし、2度の甲子園出場をともに経験した同期の来田 涼斗選手の存在は刺激になっているんじゃないですか?
中森 「なってますね。来田がすごいホームランを打ったり、いいプレーをするたびに『負けてられん、もっとやらなあかん!』という気持ちになり、すごく頑張れるんですよね。彼の存在は大きいです。励みになります」

―― 目標としているプロ野球選手はいますか?
中森 「巨人の菅野 智之投手です。菅野投手関連の動画はインターネットで頻繁にチェックしていますし、ぼく自身、巨人ファンなので時間がある時はナイター中継を観ます。ピッチング練習に入る前のキャッチボールをすごく大事にされているので、自分も影響を受けています。参考になる部分がたくさんありますね」