目次

[1]成長著しい147キロ右腕は学業も優秀
[2]逸材右腕が歩んだ小、中学時代

 今春のセンバツで初の4強入りを果たした、明石商の2年生エースとして総合力の高い、センスあふれる投球を披露した中森 俊介。全4試合に登板し、計31回3分の2を投げ、3完投、30奪三振を記録。全国の舞台でプロのスカウト陣の評価を大きく上げた。センバツ大会直前、明石商を訪問した際に中森投手に話を聞く機会があった。今回はその時のインタビューをお届けしたい。

成長著しい147キロ右腕は学業も優秀


 「中森はコツコツとやれる男でねぇ。1年春から公式戦で投げてますけど、天狗になって驕ることもないですし、高校野球のもっと上を見据えて日々、野球と向き合っている。意識が高いからオフシーズンの体重の増え方もすごいです」

 明石商の2年生エース・中森 俊介投手に関するコメントを狭間善徳監督にお願いしたところ、そんな絶賛コメントが次々と返ってきた。

 「勉強もよくできるんですよ。中学時代は5教科で490点近くとってのオール5。東大も狙えるかもしれんって言われてたんですから」

 すべての練習メニューを終え、筆者のもとにやってきたエースに指揮官の言葉をそのまま伝えたところ「いやいや、そんなんぜんぜんですよもう…」と恐縮した面持ちで手を横に振るばかり。

 「小、中学時代、学習塾には通っていたのですか?」
 「塾は行ってなかったですね、ぼくは」
 「それでオール5…⁉」
 「やっていたことといえば、授業をしっかり聞くことくらいですね。今も授業だけはしっかり聞くようにしています」



ピッチング練習を行う中森俊介(明石商)

 サラリとそう答えた中森。16歳とは思えない、落ち着いた佇まいが印象的だ。
 昨夏の甲子園出場時に78キロだった体重は一冬を超え、現在83キロ。身長は1センチ伸び、182センチになった。

 「高校に入ってから1日に6合くらい米を食べてますね。体重を増やすことを優先にしたかったので寝る前にカップラーメンなどもよく食べます。チームで目標に掲げている体重が『身長マイナス98』なので。いい感じになってきました」

 体重の増加に比例するかのように、球速も順調にアップ。入学時に141キロだったスピードは、昨夏の甲子園大会で145キロをマーク。今春のセンバツでは自己新となる147キロを計測した。 中森は「一番大切なのはコントロールですけど」と前置きした後、真っすぐな目で言った。

 「夏までに150キロ、投げてみたいですね」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。