目次

[1]顔見知りから始まった2人の関係 [2]徳島の二遊間が揃ってNPB入りを目指す

 独立日本一を目指して奮闘している徳島インディゴソックス。その徳島インディゴソックスで二遊間を組むのが岸 潤一郎平間 隼人の同級生コンビだ。

 互いにドラフト注目選手としてこの秋を戦う2人に座談会という形でお話を伺い、高校生時代の話からドラフトへの想いを語ってもらった。

顔見知りから始まった2人の関係


――2人の出会いはいつでしたか?

:高校生の時です。
平間:細かく言うと、高校2年生の時ですかね。それまでも試合はありましたが、顔見知りになったのは高校2年生でした。

――お互いの第一印象はどうでしたでしょうか。

鳴門渦潮の中で最も警戒すべきだ者で、かなり打たれた印象があります。当時は3番で、バットがオレンジだったので余計憶えています(苦笑)

平間:ピッチャーとしての対戦が多く、四国のピッチャーといえば岸か安樂 智大済美-楽天イーグルス)というくらい良い投手でした。真っすぐも速くてコントロールも良い。安楽と違うのは変化球の多さ。これがあったので打つのは難しかったです。

――3年生の春、四国大会の決勝で対戦したと思いますが、公式戦の時の印象はどうでしたか。

:正直、練習試合の時はゆとりをもって対戦して勝つことが出来ましたが、その時はチームのレベルが上がっている印象でした。それでも1点に抑えることが出来たので勝つことが出来たと思います。
平間:練習試合ではボコボコに負けていましたが、決勝戦で甲子園がかかっているわけではなかったので「勝てたら良いけどいい試合をしよう」という気持ちでした。最後は僅差で負けましたが、自分らの実力を発揮して自信になって良かったです。

――平間選手は岸選手の甲子園での活躍をどう見ていましたか?

平間:甲子園に1年生から出場して。僕は徳島県内では有名でしたが、岸は全国的なスターでしたので、憧れというか「同じ高校生として凄い」という印象でした。

――平間選手は鳴門渦潮からなぜ独立リーグに進まれたのでしょうか?

平間:一番は地元ということですね。地元で野球をしてプロ野球を目指す環境があり、そして野球が好きだったからだと思います。
 甲子園という夢はなくなりましたが、プロ野球選手の夢は残っていたので「プロ野球選手を目指そう」という気持ちで進みました。

――岸選手は大学進学をしましたが、同級生の状況をどのように見ていましたか

:プロ野球に関しては「かっこいい」という憧れはありました。(平間選手が)すぐ独立リーグに進んでいたのを知っていましたので、自分が入団する時も隼人がいたので決めました。隼人から「一緒にやろうや」と直接連絡をもらえましたし。

――平間選手はどういった理由で岸選手を独立リーグに誘ったんですか?

平間:岸は今まで対戦した選手ですし、同級生で仲が良くて一緒にやりたかった。また一緒にプロを目指せる環境で切磋琢磨できればと思ったので誘いました。一緒にできるのは嬉しいですし、2人でチームを引っ張っていく理想の形ができているので、充実感があります。