Interview

岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」

2019.10.14

 独立日本一を目指して奮闘している徳島インディゴソックス。その徳島インディゴソックスで二遊間を組むのが岸潤一郎平間隼人の同級生コンビだ。

 互いにドラフト注目選手としてこの秋を戦う2人に座談会という形でお話を伺い、高校生時代の話からドラフトへの想いを語ってもらった。

顔見知りから始まった2人の関係

岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 | 高校野球ドットコム
岸潤一郎と平間隼人の同級生コンビ

――2人の出会いはいつでしたか?

:高校生の時です。

平間:細かく言うと、高校2年生の時ですかね。それまでも試合はありましたが、顔見知りになったのは高校2年生でした。

――お互いの第一印象はどうでしたでしょうか。

鳴門渦潮の中で最も警戒すべきだ者で、かなり打たれた印象があります。当時は3番で、バットがオレンジだったので余計憶えています(苦笑)

平間:ピッチャーとしての対戦が多く、四国のピッチャーといえば岸か安楽智大済美-楽天イーグルス)というくらい良い投手でした。真っすぐも速くてコントロールも良い。安楽と違うのは変化球の多さ。これがあったので打つのは難しかったです。

――3年生の春、四国大会の決勝で対戦したと思いますが、公式戦の時の印象はどうでしたか。

:正直、練習試合の時はゆとりをもって対戦して勝つことが出来ましたが、その時はチームのレベルが上がっている印象でした。それでも1点に抑えることが出来たので勝つことが出来たと思います。

平間:練習試合ではボコボコに負けていましたが、決勝戦で[stadium]甲子園[/stadium]がかかっているわけではなかったので「勝てたら良いけどいい試合をしよう」という気持ちでした。最後は僅差で負けましたが、自分らの実力を発揮して自信になって良かったです。

――平間選手は岸選手の甲子園での活躍をどう見ていましたか?

平間:[stadium]甲子園[/stadium]に1年生から出場して。僕は徳島県内では有名でしたが、岸は全国的なスターでしたので、憧れというか「同じ高校生として凄い」という印象でした。

――平間選手は鳴門渦潮からなぜ独立リーグに進まれたのでしょうか?

平間:一番は地元ということですね。地元で野球をしてプロ野球を目指す環境があり、そして野球が好きだったからだと思います。

 甲子園という夢はなくなりましたが、プロ野球選手の夢は残っていたので「プロ野球選手を目指そう」という気持ちで進みました。

――岸選手は大学進学をしましたが、同級生の状況をどのように見ていましたか

:プロ野球に関しては「かっこいい」という憧れはありました。(平間選手が)すぐ独立リーグに進んでいたのを知っていましたので、自分が入団する時も隼人がいたので決めました。隼人から「一緒にやろうや」と直接連絡をもらえましたし。

――平間選手はどういった理由で岸選手を独立リーグに誘ったんですか?

平間:岸は今まで対戦した選手ですし、同級生で仲が良くて一緒にやりたかった。また一緒にプロを目指せる環境で切磋琢磨できればと思ったので誘いました。一緒にできるのは嬉しいですし、2人でチームを引っ張っていく理想の形ができているので、充実感があります。

[page_break:徳島の二遊間が揃ってNPB入りを目指す]

徳島の二遊間が揃ってNPB入りを目指す

岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 | 高校野球ドットコム
NPB入りを目指す岸と平間

――今年は二遊間を組むことになりましたが、どうでしょうか

平間:平間:僕は元々ショートでしたのでセカンドには慣れなかったので、オフの日も練習してきたので守備には自信があります。

 逆に岸は投手と外野手をやっていてショートをやるのは難しいので、岸のため、自分のため、そしてチームのために自分が学んできたことを教えてやってもらう方がプラスになると思います。けど、今は四国で一番上手いショートだと思いますし、岸の実力だと思います。

――岸選手との連携は阿吽の呼吸でできていますか?

平間:同級生で気を遣うことはないですので、「あっちいって」とか「こっちいって」と守備の位置の指示を楽にできるおかげで、固くならずにできていると思います。

――岸選手の方はどうですか?

:あまり連係ミスはないですし、併殺の時でも「多少送球逸れてもカバーしてくれる」と思ってやっています。なので、最初から「ここに投げないといけない」とか思わずに楽にやらせてもらっています。

――岸選手は北米遠征では外野手をやっていましたが、どうだったんでしょうか?

:距離が離れていたので頻繁に声を掛け合うことはなかったです。けど、関係ない話をして楽しかったです。

平間:球場の雰囲気が違いますし、流れる音楽も多かったので、ひたすら声を出して楽しかったです。

――後期で二遊間を組んだ時に引き出しが増えましたか?

:いい意味でお互いにリラックスするようにするために軽い悪ふざけをすることが増えました。

平間:沈んでしまうときもありますが、自分たちまで沈んでしまうと周りに影響が出てしまいます。なので、エラーしても打てなくても、お互いにチームを引っ張る立場として士気に関わるので意識しています。

――平間選手は今シーズン盗塁王になりましたが、互いに刺激を与えながらできていますか?

平間:盗塁は個人プレーといえば個人プレーです。前期の時に自分の調子が良くて、たまたま出塁する機会が多かったので、差が出たんだと思います。岸の方は出塁が少ないですが、盗塁を仕掛けた回数や成功率は変わらないと思います。

――一方で岸選手は昨年盗塁王でした。今年の平間選手をどう見ていますか?

岸:「よう走ってんなー」って感じですね(笑)個人タイトルは取りたいですし、負けたくない気持ちはありますが、いざチームとなると、1人でどうこうではなく「2人で四国のキャッチャー全員を惑わすぞ」という気持ちでやっています。

 他にも走れる選手はいますが、初球から行くとかもっと高いレベルでやっています。なので、思う存分やりたいようにやらしてもらっていて充実感はあります。

――最近ではメッセンジャー投手と対戦しました。

:正直、「孫の代まで言ったろうかな」という気持ちでした(笑)自信にもなりました。でも向こうは思い詰めて投げているなかで、こっちは開き直って「打ってやろう」くらいの気持ちだったので楽でした。

平間:まずは「どんなもんなんやろう」という気持ちでした。長年阪神のエースとして引っ張ってきた投手と対戦できることが楽しみでしたし、「思い切って打てたら良いな」くらいの気持ちでいけたのが良い結果になったと思います。

――いよいよドラフトまでまもなくというところまで来ました。

:ドキドキとワクワクです。多少不安はありますが、楽しみの方が強いです。
平間:自分自身はドラフトに向けてという選手ではなかったので楽しみというか、今まで頑張ってきて良かったです。これで指名されたら、高卒の選手たちより苦労をしてきたはずなので、それを糧に頑張りたいです。

――最後に意気込みを聞かせてください。

:チームが勝てるように守備でも走塁でもすべてでチームを引っ張っていきたいです。
平間:最後に笑って胴上げできるように終わりたいです。

:当日は2人で楽しくラーメン食って帰りたいです(笑)
平間:2人悲しくラーメン食べて帰るかもしれないですけど(笑)

(取材=寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.04

【九州地区春季大会注目選手リスト】宮崎学園の大型左腕、鹿児島実の147キロ右腕など25人のプロ注選手たち!

2024.03.04

【大阪】大阪桐蔭、履正社、近大附が同じブロック<春季大会組み合わせ>

2024.03.04

春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

2024.03.04

センバツ3年連続出場の高知「二段モーション解禁」駆使し練習試合は松山聖陵に連勝

2024.03.04

手の内を知っている同士の都立総合工科と都立足立新田は接戦と乱戦となった

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.03.03

明治神宮大会4強・富士大が新入生発表! センバツV貢献・山梨学院外野手、龍谷大平安・浦和学院の大型投手など加入!

2024.03.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.29

ドラフト指名漏れの大学生外野手、智辯学園出身の強打者などが日本選手権4回出場のニチダイに入部!

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.12

【準硬式】’23年全国大会準V・日本大の前に強敵揃う 全国大会をかけた関東大会の組み合わせ決定

2024.02.12

徳島IS期待のルーキー・加藤響、頭部死球で途中交代も無事! 東海大相模時代から注目のスラッガーは「来週には復帰」!