目次

[1]シンプルな理由で進学した2人
[2]仲間の分まで甲子園で勝ちたい!

 第91回選抜高校野球大会に21世紀枠で初出場を決めた熊本西高校。主将そしてエースとしてチームを引っ張る霜上 幸太郎選手、そして主砲として力をつけた堺 祐太選手の2人に話を聞いた。

シンプルな理由で進学した2人


 「西高を選んだのは、近かったから」。霜上が進学した熊本西高校は、野球部を強化しているわけではない、ごく普通の公立高校。自然の流れで選んだ地元の高校には、入学前から知っている友人も多かった。

 堺も「僕は同じ中学から野球部に4人が進学しています。兄が西高だったこともあり、憧れはありました。でも、甲子園を本気で目指していたかと言われると…」と正直な胸のうちを明かす。霜上も「野球をやっている以上、もちろん甲子園は夢でした。でも、本当に行けるなんて…」。

 霜上が野球を始めたのは父の影響。小中と投手経験はあったが、中学時代の球速は120ほど。高校入学時は内野手だった。1年の夏前からキャッチャーになり、昨夏は2年生ながら背番号2で夏を戦った。

 結果は県大会の初戦敗退。2年連続で、夏の1勝ができなかった。「悔しかった。涙を流す先輩たちの姿を見て、次は自分たちが頑張ろうと」。

 堺は兄の影響で小学4年から野球を始めた。中学時代も今もセンター。「普通に、楽しく野球をやっていた感じです。当時から打つのは好きでしたね」と話す。



霜上幸太郎(熊本西)

 新チームで主将に任命された霜上は、捕手から投手に専念することになった。「キャッチャーをやっていた経験で、配球やチーム全体を見る感覚が養われた。経験が生きています」と話す。

 現在、球速は最速137キロ。カーブ、スライダー、チェンジアップを操り、丁寧に投げるピッチングが持ち味だ。霜上は「課題は多いです。球ももっと速くして、力のあるボールを投げたいですね」。

 横手監督も霜上を「責任感とリーダシップがある。チームをまとめる力が素晴らしい」と評価。霜上も横手監督を「選手全員を平等に見てくれます。下級生や控えの選手にもステージを与えてくれるので、チャンスが広がる。チームのモチベーションは高いです」と信頼を寄せる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。