第852回 須貝将希(武蔵狭山ボーイズ)を変えた監督の叱咤激励!成長の糧を得た二刀流プレーヤーに迫る2018年12月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]精神面を変えてくれた飯野監督に感謝
[2]「最後まで何が起きるか分からない」ジャイアンツカップでの敗退
[3]将来はプロ野球選手になって侍JAPANの一員に

 大舞台での逆転負けに、日本代表としての経験。大きな成長の糧を得た須貝選手が見据えるのは、高校野球の舞台だ。須貝選手は来春、茨城県内の強豪校へ進学予定となっている。
 ここからは高校野球に向けての意気込みや、理想とする選手像、そして野球選手としての最終的な目標についても迫っていく。

将来はプロ野球選手になって侍JAPANの一員に



バッティングを行う須貝将希(武蔵狭山ボーイズ)

ーー それではここからは高校野球に向けての質問になります。まず、高校野球ではどういう選手になりたいですか。

須貝 甲子園に行って活躍できる選手になりたいです。もうそれだけですね。

ーー 目標としているプロ野球選手はいますか?

須貝 大谷 翔平選手ですね。大谷選手みたいに二刀流をやってみたいです。

ーー なるほど!ちなみにこの夏の甲子園はご覧になりましたか?

須貝 見ました。金足農横浜の試合が一番印象に残ってます。8回裏に3ランで逆転して、そこからの吉田 輝星投手のピッチングが凄かったですね。ギアが上がったというか。

ーー あの試合は凄かったですよね。吉田投手の名前が挙がりましたが、一番印象に残ったピッチャーと言われたらやはり吉田投手ですか。

須貝 そうですね。球の伸びがとても凄くて、球のホップする感じは自分の中でもイメージして投げてます。

ーー バッターとしては、意識している選手はいますか?

須貝 高校生ではないですが、ソフトバンクの柳田悠岐選手です。あのスイングは凄いと思います。

ーー ありがとうございます!それでは最後に野球選手としての最終的な目標を伺ってもいいですか?

須貝 小さいときから時からの夢がプロ野球選手です。その中でも侍JAPANの日本代表に入って、国際大会に出たいと思います。

取材後記
 インタビュー中は、常に落ち着いて堂々と質問に答えた須貝選手。これもすべて飯野監督の熱意のこもった指導の賜物だろう。高校野球でも、武蔵狭山ボーイズで培った「気持ちの強さ」を武器に活躍を見せてほしい。

文=栗崎 祐太朗


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

須貝将希
須貝 将希(すがい・まさき)
  • ポジション:投手、内野手
  • タイプ:右投左打
  • 武蔵狭山ボーイズ
【関連記事】
第944回 新戦力も整い、最後は「嬉し涙を流す」 神戸弘陵女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第867回 大化けの予感を感じさせる直球の伸びとコマンド力!シニア全国3位の原動力・岡本陸(江戸川中央シニア) 【2019年インタビュー】
第855回 攻撃型2番の申し子・新井流星(武蔵狭山ボーイズ)が身に付けた屈強なメンタリティー 【2018年インタビュー】
第854回 今宮健太を彷彿させるユーティリティ性!渡邊翔真(武蔵狭山ボーイズ)は高校でも投打の核を狙っていく 【2018年インタビュー】
第853回 「中村剛也選手のような長打力を」永井龍樹(武蔵狭山ボーイズ)が語った長距離打者としての矜持 【2018年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー