目次

 NHK杯佐賀県高等学校野球大会で、140キロを記録した伊藤 諒成。実は高校入前のポジションは捕手だった。遅咲きのエースがいつ投手に転向したのだろうか?

140キロを記録した伊藤諒成の巻き返し


 伊藤は、高校に入学するとポジションを二塁手に変更し、その後再度捕手に戻っている。ただ唐津商の捕手と言えば、1年の夏から公式戦でマスクをかぶっている土井 克也がいる。このことについて伊藤は、「同じキャッチャーに土井がいて、この先どうなるんだろうと思った」と語っている。

 そんな時に、吉富俊一監督が伊藤に言った。

 「お前ピッチャーしてみろ」

 全くピッチャーをやるということは考えていなかった伊藤にとって、驚きの言葉だった。

 もちろん、急造投手がいきなり勝てるほど甘くない、「初めのうちは自分のせいでサヨナラ負けとか、負けたのはほとんど自分のせいでした。」と伊藤は語っている。

 ただし、伊藤の巻き返しはここからはじまる。

 「吉富先生が自分のためのランメニューなどを作ってくれて、冬の走り込みとか自分だけプラスアルファでメニューを組んでくれたので、スタミナが2年の夏と比べて変わりました。投げていて、疲れなどを含めて全然違いました。」
 と冬場の練習を通して着実にステップアップしていく。

 フィジカルだけでなくメンタルも成長していく。その転換点となったのは2年生の夏の大会だ。準々決勝で鳥栖と対戦して後2アウトで勝利というところまで来て、逆転負けをしている。

 伊藤は当時についてこのように話してくれた
 「9回表1アウトまでとっていて、あと二人アウト取ればというところで野手のエラーからピンチを作って。自分が降板して違うピッチャーが投げて試合に負けたんですが、野手のエラーなどの後にピッチャーが抑えないといけないというのを身にしみて感じました。その後から意識が変わりました。」

 急造投手が、フィジカルを鍛え、マウンドでの経験を活かし、メンタルを鍛えながら急成長して、いつの間に唐津商のエースに駆け上がっていった。

 そんな、遅咲きのエースの成長速度に、吉富監督も期待している。「彼は本当に伸びましたね。伊藤はさらに伸びます。」と次のステージでの期待を隠さない。

 伊藤もまた、自分の成長を止まらせる気はない、「則本 (則本昂大・楽天)選手のようになりたいです。球速アップもそうですし、球のキレとか、低めの制球力とかもつけたいと思います」と力強く語った。

 現在の伊藤について、球を受けていた土井は、「伊藤は、結構球種が多くコントロールが良いです」と話す。伊藤自身は自信のある球種について、「変化球のツーシームです 。自分の得意な変化球になります。130キロのツーシームで、ストレートとさほど変わらないスピードです。変化量なども結構自信があります」と語る。これが、伊藤の現在地である。

 最後に、伊藤はバッテリーを組んでいたプロ注目の土井に
 「ここからはチームメイトでなくなります。いつか土井と戦ってみたいという気持ちはあります。土井のことは、抑えます!」と力強く言った。いつか土井と勝負するためにも、さらなる成長を続ける覚悟だ!

 編集後記
 伊藤 諒成唐津商の縁は切っても切れない、伊藤の父と兄も唐津商でプレーしていた。本人も「小さい頃から唐津商と言うのが染み付いてる」という。唐津商魂を胸に今後の成長に期待したい!

取材=田中 実