第693回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.3「夢を実現できるくらいになれば野球が楽しくなる」2018年04月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ライナーで強い打球を打つ意識を
[2]高校球児に向けて夢を叶えるためのメッセージ!

 メジャーリーグのクリーブランド・インディアンスのショートストップとして活躍し、プエルトリコ代表として出場した2017ワールドベースボールクラシックでは、チームを準優勝に導いたフランシスコ・リンドーア選手。

 そんな彼の幼少期の話からMLBで活躍する現在の話を語ってくれた1回目、守備や打撃に対する取り組みを話してくれた2回目に続き、今回は日本の野球や、今季からMLBに挑戦する大谷 翔平選手についてのお話を聞けました。

ライナーで強い打球を打つ意識を


フランシスコ・リンドーア選手

――日本球界ではゴロを打て、フライを打ちあげるなと言われるのですが、打撃強化にはゴロやフライにとらわれないほうがよいのでしょうか?

リンドーア:日本のその指導法でもいいと思います。私個人的にはフライを打つ、ゴロを打つより大事なのは、ライナーを打つことかなと思います。なぜかというとライナーの延長はHRになるからです。ゴロ打ちでヒットもいいと思います。

 アルバート・プホルス選手やマイク・トラウト選手のようにパワーがある選手はフライを打ち上げれば飛びますが、自分くらいの力の選手だとフライを打ち上げると力がないので普通のフライで終わるでしょう。ゴロでヒットを打つことも大事ですが、ライナーで強い打球を打つ意識が大事だと思います。

――日本の高校野球はご存知ですか?

リンドーア:とてもレベルが高いことは知ってます。私が15歳のときに台湾で行われた国際大会で、高校ジャパンと対戦する機会もありました。私はアメリカ代表でプレーしましたが、アメリカに日本のチームが来た際にも対戦したことあるので、日本のレベルの高さは知っています。

 国際大会に出るとき、特に日本やキューバと対戦するときは、他国と対戦するときよりも力を発揮しないと難しい試合になる感じがしました。日本の高校野球がどういうシステムでやってるかはわかりませんが、レベルが高いのは知っています。

――二刀流・大谷 翔平選手がロサンゼルス・エンゼルスへの移籍が決まりましたが、大谷選手についての印象をお願いします。

リンドーア:まず素晴らしい野球選手だと聞いています。会ったことはないけれど、投げられるし、打てる。近いうちに対戦すると思います。同じアメリカン・リーグなので。でも対戦したときは負けませんよ(笑)

 二刀流はベーブ・ルースみたいで、こういうことがメジャーでできたらすごくかっこいいと思います。

【次のページ】 高校球児に向けて夢を叶えるためのメッセージ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

フランシスコ・リンドーア
フランシスコ・リンドーア(Francisco Miguel Lindor)
  • ポジション:遊撃手
  • 身長:180センチ86キロ
  • タイプ:右投げ両打ち
  • 出身地:プエルトリコ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第806回 2018年セ・リーグ首位打者のダヤン・ビシエド(中日)が大事にする「ボールの見極め」と「ヒッティングポイント」 【2018年インタビュー】
第763回 すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 【2018年インタビュー】
第666回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.2「強打の名手を支える日頃の取り組み」 【2018年インタビュー】
第652回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.1「13歳で決断したアメリカ移住」 【2018年インタビュー】
第7回 侍ジャパンのバッテリーの配球から初球の入り方を学ぼう!【WBC特集】
第6回 剛速球と豪快なホームランが醍醐味のドミニカ野球を徹底解剖!【WBC特集】
第5回 WBCオーストラリア代表の通訳経験者に聞くオーストラリアの野球事情【WBC特集】
第4回 WBC韓国代表を調査!韓国野球エージェントに、グラゼニ女子がインタビュー!【WBC特集】
第107回 WBCで注目している選手は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー