第498回 小野 泰己投手(折尾愛真-富士大)「『一歩ずつ』を大事に、聖地・甲子園で花開かせる」【後編】2017年02月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]奮闘の末つかんだ「バースデー勝利」
[2]「技術の三要素」をそろえ、無双のラストシーズンへ
[3]「一歩ずつ」をこれからも、聖地・甲子園で花開かせる

 一歩ずつ積み上げた成長の軌跡を追った前編に続き、後編では富士大学4年時の話を中心に、聖地・甲子園マウンドでの躍動へ向けての意気込みを語ってもらった。

奮闘の末つかんだ「バースデー勝利」

小野 泰己選手(富士大学)

 富士大学4年生、いよいよ勝負の年。
「多和田(真三郎)さん(2015年・埼玉西武ライオンズ1位指名)が抜けて投手力が落ちたと言われないように、今まで以上に走り込みや投げ込みに力を入れていきました」
小野 泰己のハートは静かに、かつ熱く燃えていた。ただ、状態は今ひとつ。キャンプから試行錯誤が続き、先発登板にもなかなか語らない。それでも彼の心は折れなかった。「エースとして勝利に導きたい」責任感が自らを突き動かす。神様はそんな小野の努力をちゃんと見ていた。

 富士大、青森大、八戸学院大の3チームが7勝3敗で並んだことで行われた北東北大学リーグ優勝決定プレーオフ。5月29日の青森大戦で先発した小野は7回を投げ被安打4・1失点・13奪三振で6対1の勝利に貢献。翌日、全日本大学野球選手権出場を決する八戸学院大戦。マウンドに上がったのは、この日22歳の誕生日を迎えた小野であった。

「プレーオフのときは球速も150キロが出ていましたし、状態自体は戻っていました。29日の試合後も全く疲れを感じなかったですし『なんとしても投げてやる』その気持ちが大きかった」 
気迫を表に出して右腕を振る彼に待っていたのは12奪三振、2安打完封。これは富士大に入って初の完投でもあった。

 かくして奮闘の末「人生で一番の誕生日」をつかんだ小野。この出来事によって周囲の評価も「ドラフト候補」から「ドラフト上位指名候補」へとランクが上がった。

【次のページ】 「技術の三要素」をそろえ、無双のラストシーズンへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小野泰己
小野 泰己(おの・たいき)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:185センチ75キロ
  • 出身校:折尾愛真
【関連記事】
第2回 【12球団ドラフト指名予想】阪神は井上広大のようなスケールの大きな野手を指名し猛虎打線再来へ!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第3回 「補強ポイントは全部?!」スポーツライター・小関順二さんが阪神タイガースのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第89回 NPB通算防御率1点台突入へ! 藤川球児(阪神タイガース)が「リ・ボーン」した場所【高校野球コラム】
第88回 日本開催ラグビーW杯開幕! 日本代表に野球経験者は?【高校野球コラム】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
第552回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「"クオータースロー"誕生秘話」【前編】 【2017年インタビュー】
第503回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「赤松 真人選手が語る!グラブはイチロー選手と同じモデルの理由」【後編】 【2017年インタビュー】
第502回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「教えて赤松 真人選手!『まずは外野守備に興味を持とう!』」【前編】 【2017年インタビュー】
第497回 小野 泰己投手(折尾愛真-富士大)「『夢実現』へ積み上げた成長の日々」【前編】 【2017年インタビュー】
小野 泰己(折尾愛真) 【選手名鑑】
折尾愛真 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー