走り方2011年11月25日

 こんにちは。冬のトレーニングを取り組んでいるみなさんに、今回は足が速くなりたい選手や球際の動きについて説明したいと思います。走り込みをすることによって、沢山の効果を掴んでほしいので作りました。是非、頭に入れておいてください。

1.走る姿勢

※詳しい解説イメージはPCからご覧ください。

【良い例:前に力が出せている】

【悪い例:後ろに力が働きスピードが半減する】

 足が速くなりたいからといって、ラダーやハードルなどのトレーニングをやるだけでは、効果を最大限に生かせないのではと思います。そういったことは下記のことをふまえた上で使うトレーニング道具なので、まずはこれを理解していきましょう。

スピードは歩幅×回転数です。

しかし、回転数だけ上げても、軽い段で自転車を早く漕いでもあまり進みません。(空回り)
そこで、歩幅を広がることが重要となってきます。広げるといっても、前に大きく出すのではなく、蹴り足で後ろから前に持ってくる側を意識します。そのような方法で歩幅を広げます。

走るということは、重心を軸からずらすという動きの連続です。頭でみると分かりやすいので頭で表現します。
後ろで蹴る動きを意識して歩いてみると頭が身体の上もしくは前方にいきます。
逆に前に大きく踏み出すことを意識してみると頭が後ろに傾きます。つまり、前に行きたいのに頭が後ろに行くことで、後ろに力が働き、前に行く力を半減させるのでスピードが落ちてしまうのです。このことを意識して、ラントレをしてみてください。