第121回 マスターズ甲子園のような形で3年生たちを救済を…。柳井高校野球部の舛永監督の思い2020年06月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


紅白戦風景(※野球部提供)

 夏の甲子園が中止となり、多くの著名人から悲哀のコメントが聞かれる。しかし本気で高校球児を共済しようと思ったら、大きなハードルがある。それでも、今の高校3年生たちのために思案をしている指導者を紹介したい。

 それが山口県立柳井高等学校の舛永隆宏監督だ。1958年には甲子園優勝経験を持つ伝統校を率いる舛永監督は2018年1月から野球部公式Twitterのアカウントを設立し、日々の野球部の活動について発信を行ってきた。

 今回、5月20日の甲子園中止を受けて、桝永監督はこう提案した。
「各県で代替大会で優勝したチームは、3、4年後にマスターズ甲子園のように1試合プレーできる形があっていいのではないか」

 いますぐにではなく、今後の未来という形で実現をしてもいいのではという案だ。
「代替大会をご準備いただいていることは大変ありがたいことです。その先に甲子園というご褒美という形があってもいいかと思いました。それが今、練習に取り組む選手たちの原動力となると考えています」
 こうした案が浮かんだのは、以前、柳井高校のOBとしてマスターズ甲子園に出場したいと思い、どんな大会なのか、どんな仕組みなのかを調べた。マスターズ甲子園はいわゆるトーナメント形式の大会ではなく、1試合形式の大会となっている。

「今年は難しいと思いますが、数年後には大人の責任で、用意を準備していくような声があってもいいと思います。この大会は日程の都合もあり、マスターズ甲子園のように1試合でもできれば良いと思っています。

  選抜が中止になったあと、多くのプロ野球選手から救済案という声があがりましたが、彼らや野球に携わる方のほとんどが高校野球OBであり、なんとかしてあげたいという気持ちは多く持っていると思います。
 みんなの知恵、金、時間を作って準備してあげることが大事ではないかと思っています。こうした声を広げていければと思い、発信をさせていただきました」

 京都大学野球部OBの舛永監督は、この意見をOBたちにも広めており、発信後、多くの方々からメールでいただいたという。

 

 前例がないことを実現するには、大変困難なことである。やはり無理か…と諦めてしまうことも多い。

 ただ声を挙げなければ、賛同する人は出てこないし、意見を述べて最初の提案からブラッシュアップさせようと思う方も出てこない。

 舛永監督がこのような行動を起こすようになったのは、日々成長を見せていく3年生たちの姿を見て、なんとかしたい思いがあったからだ。
「本校は進学校ということもあり、文武両道をモットーに掲げていますが、本当に今年の選手たちは真面目に取り組んでいて、休校期間中も意識高く自主練習に取り組んでおりました」 

 また今年はプロジェクト方式を設け、打撃、トレーニングなど各項目のプロジェクトリーダーを設け、選手自らが練習メニューを考案する方式をとってきた。その結果、昨秋よりもチーム力は大きくレベルアップしている手応えは掴んでおり、この夏にかけていた中で、中止が決まった。


【次のページ】 マスターズ甲子園のような形で3年生たちを救済を…。柳井高校野球部の舛永監督の思い(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大森学園vs海城【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs都立江戸川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs青山学院【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
第2回 野球と勉強の共通点ってホントにあるの?文武両道を実現したいなら知っておきたい考え方【球児の親のためのコラム】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
東邦vs春日丘【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第1回 球児の親必見!文武両道を実現するための家庭でのコミュニケーション術【球児の親のためのコラム】
第134回 スポーツライター・手束仁氏による高校野球物知り教室【歴史編】【高校野球コラム】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】
柳井 【高校別データ】
コメント (1)
マスターズ甲子園 大会の件2020.06.06 荒木秀和
こんにちは。私はマスターズ甲子園本大会で撮影ボランティアとして活動しています。今回新型コロナで野球事態出来なかった選手達をもう一度甲子園を目指してもらうのは大賛成です。名誉会長の星野仙一もきっとそう願っておられると思います。実現した時には、ぜひ選手の嬉しさや楽しんでいる姿を写真の記録に残してあげたと思います。

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム