10月17日に開幕する秋季都大会の大きな特徴は、この大会から夏の東西東京大会で準々決勝に進出したチームは、シードされることだ。シード校は本来16校となるが、東東京大会8強の都立城東が1次予選で敗れたため、15校がシードされた。

 この夏の東西東京大会の優勝チームで、この大会でも優勝候補である帝京東海大菅生が決勝戦まで対戦しないように組まれたことは、シード校制度の成果であるが、1次予選を勝ち抜いた64校が出場する都大会。1回戦から好カードがあり、強豪が集まる激戦区もあり、序盤から目が離せない展開になりそうだ。シード校を中心に大会を展望する。

≪トーナメント表はこちら≫

清宮擁する早実、1回戦で修徳と対戦


 1回戦屈指の好カードは、注目の強打者・清宮 福太郎を擁する早稲田実業修徳の一戦だ。ともに伝統と実績のある強豪校。修徳床枝 魁斗は球威があり、昨秋は8強進出に貢献した。清宮、石郷岡 大成早稲田実業打線との対戦は、見どころ十分だ。

 この試合の勝者は、3回戦でシード校の大森学園と対戦する可能性が高い。大森学園はこの夏でベテランの和泉隆監督が勇退し、東海大菅生出身の石黒隼が新監督に就任した。石黒監督が初陣でどう戦うか。投手と捕手の二刀流の松本哲郎が、勝敗のカギを握ることになる。

2回戦で昨夏の東西東京大会の優勝校が激突か?



好投手・市川祐(関東一)

 1次予選でノーヒットノーランを達成し、今大会ナンバー1投手の呼び声高い市川 祐を擁する関東一は優勝候補であるが、非常に厳しいブロックに入った。

 1回戦で対戦する駒大高は、1次予選の2試合とも5回コールドで勝ち上がった。各打者がフルスイングをし、粗さはあるものの、一度勢いに乗ると手が付けられないだけに、関東一としても油断はできない。

 勝てば、國學院久我山との対戦が予想される。昨夏の東東京大会優勝の関東一と西東京大会優勝の國學院久我山という、2回戦で当たるのは惜しい、注目カードになる。

 國學院久我山はエースの高橋 風太を中心に攻守にまとまりがある。関東一初谷 健心を中心とした打力があるだけに、総合力が問われる戦いになりそうだ。

 この試合の勝者は、3回戦でシード校の世田谷学園か、1次予選で都立城東を破った都立日野との対戦になりそうだ。

 例年好投手がいる世田谷学園は、この秋も、横手投げで変化球にキレがある建守 伯がいる。都立日野のエース・木下 孔晴は、伸びのある直球を軸に、都立城東相手に被安打5で完封した。どちらと対戦するにしても、好投手同士の対戦になる。

 関東一のいるブロックの勝者が準々決勝で対戦するブロックもまた、激戦区だ。

 このブロックの軸となるのが、秋季都大会で2連覇している国士舘だ。選手の大半は入れ替わったものの、永田昌弘監督は秋の戦い方を熟知しているだけに、やはり優勝候補となる。しかし2回戦で対戦が予想される八王子は難敵だ。八王子には身長191センチの長身投手・羽田 慎之介がおり、国士舘の中心打者・清水 武蔵との対戦は注目だ。

 国士舘八王子の勝者が3回戦で対戦するブロックには、日大鶴ヶ丘東海大高輪台、シード校の実践学園と、私立の強豪が揃う。なお、日大鶴ヶ丘都立東大和が1回戦で対戦するが、この両校は昨年の夏も1回戦で対戦し、この時は日大鶴ヶ丘が圧勝している。

 現在東京にはセンバツ中止に伴う交流試合も含め、甲子園を経験した選手がいるのは、関東一國學院久我山国士舘の3校だけだ。この3校に、私立、都立の強豪がひしめき合う、トーナメント表の左下のブロックは非常に重い。