目次

[1]シード校・堀越のブロックが最激戦区に
[2]都立小山台・東京実の多摩川ダービー/錦城学園・大森学園・安田学園のブロックも激戦区

<トーナメント表はこちら>

 試練の年である。センバツに続いて、夏の甲子園大会も中止になった。そのうえ、新型コロナウイルス感染者が圧倒的に多い東京は、休校が続き、練習もままならなかった。それでも関係者の尽力と、加盟校の熱意により、東東京122チーム、西東京121チームが参加して、夏季東西東京都高校野球大会が開催されることになり、7月4日、三鷹市のJ:COMのスタジオで組み合わせ抽選会が行われた。

 投球数制限が導入されるなど、新ルールが適用されるほか、試合時間は2時間20分を超えたら新しいイニングに入らない、試合ごとにベンチ入り20人の入れ替えが可能になるなど、本大会の特別ルールもある。

 さらに東西のベスト8は、秋季都大会でシードされることも、今年度から初めて適用される。甲子園にこそ、つながらないものの、熱い戦いが予想される東西東京大会を展望する。まずは東東京からだ。

シード校・堀越のブロックが最激戦区に


 今大会、頭一つリードしているのが、第1シードの帝京だ。1年生の夏から試合に出ている選手が多く、投手陣は、田代 涼太柳沼 勇輝武者 倫太郎と、質量ともに充実。打線も小松 涼馬をはじめ粒が揃っている。しかも主将の加田 拓哉のリーダーシップに前田三夫監督も信頼しており、本来であれば、甲子園での活躍がみたいチームであった。

 帝京のブロックには都立の強豪・都立雪谷、一昨年の秋に日大三を破った目白研心などがいるが、優位は動かない。

 問題は帝京が準々決勝で対戦するブロックだ。堀越がシードされているが、強豪校が揃っており、混戦模様だ。

 東東京を代表する好投手である宮下 大地を擁する日体大荏原は、1回戦に勝った場合、2回戦は東海大高輪台都立篠崎の勝者と対戦する。東海大高輪台は秋の1次予選の日大豊山戦で、9回裏の5点を入れて逆転サヨナラ勝ちをするなど、猛打のチーム。日体大荏原の宮下との対戦は注目される。

 この試合の勝者が3回戦で対戦するブロックには、東海大高輪台に逆転負けしたが、昨夏4強の日大豊山や、伝統校の日大一がいる。

 小田川雅彦監督の就任で名門復活に向かっている堀越は、初戦で甲子園出場経験のある成立学園と都立の強豪・都立紅葉川の勝者の対戦となっており、初戦から厳しい戦いが予想される。この勝者が3回戦で対戦するブロックには、明大中野や元日本ハム投手の田中幸雄監督率いる郁文館がいる。特に明大中野のエース・多賀堂真伍の投球は安定しており、堀越明大中野の中野区対決は好ゲームが予想される。その勝者が、日体大荏原などがいるブロックの勝者と対戦するわけだから、どこが勝ち上がるか分からない。

 仮にシード校が勝ち上がって、帝京堀越のカードになれば、昨夏の5回戦以来となる。その時は帝京が1-0で辛勝しており、堀越としては、リベンジしたいところだが、そこまでの道のりは険しい。