第648回 準決勝を迎える春季東京都大会!試合に先がけ見どころをチェック!2018年04月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]注目の伝統校対決!カギを握る好調の日大三・中村、早稲田実・野村
[2]勢いに乗る両チーム。創価・菊地、国士舘・赤川の江戸川中央シニア対決も注目

注目の伝統校対決!カギを握る好調の日大三・中村、早稲田実・野村



両校のキーマン野村大樹選手(早稲田実業)と中村奎太選手(日大三)

 高校野球の枠を超えて、社会的な関心を集めた早稲田実業日大三のナイター決勝から1年。両雄が今度は準決勝で相まみえる。

 今年は早稲田実業清宮 幸太郎(日本ハム)、日大三櫻井 周斗(DeNA)、金成 麗生(トヨタ自動車)らがいた昨年に比べると小粒の印象もあるが、戦力の質は、勝るとも劣らない。

 日大三はセンバツの後、都大会初戦の都立文京戦で苦戦するなど、序盤はぱっとしなかったが、徐々にエンジンがかかってきた。チームの活力源となっているのが、二刀流の中村 奎太。4回戦、準々決勝では12回投げて失点は1。打つ方でも2試合連続で本塁打を放っている。それに1番の金子 凌は、同じく4回戦、準々決勝の2試合で、6打数5安打と当たっている。3回戦以後、4番の大塚 晃平に長打がないのが気になるが、どこからでも得点ができるのが強みだ。

 ただし今までは力の差があるチームとの対戦であった。早稲田実業戦は、真価が問われる一戦になる。

 早稲田実業は、準々決勝で関東一を破り勢いに乗る。野村 大樹の特大の一発に続き、生沼 弥真人野田 優人が本塁打を放つ。投げては雪山 幹太が6回を被安打5、奪三振7、自責点2と好投。池田 徹が3回を自責点0に抑えた。

 この大会では1番・茅野 真太郎、9番・江本 達彦らの打撃も好調。投手陣は雪山を軸に池田、左の石井 豪赤嶺 大哉と充実している。

 清宮が抜けて、小粒になった感はあるものの、投打ともに選手の層は厚くなっている。清宮、野村さえマークすればという感じがあった昨年のチームより、相手チームとしては、むしろ対策が立てにくいのではないか。

 とはいえ、主将で4番の野村が打つとチームが勢いづくだけに、早稲田実業のキーマンは野村になるのではないか。それに雪山にとっても、投手としての正念場だ。

 夏の前哨戦でもあるこの一戦。互いに探り合いの部分もあるだろうが、注目度が高い伝統の一戦だけに、好ゲームを期待したい。

【次のページ】 勢いに乗る両チーム。創価・菊地、国士舘・赤川の江戸川中央シニア対決も注目

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
金足農vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第746回 早実の3年間は社会で生きる力を身に付けてくれた 及川龍之介さん(早稲田実業出身)【後編】 【2018年インタビュー】
第745回 記録員として斎藤佑樹とともに甲子園優勝 及川龍之介さん(早稲田実業出身)が語る"過酷な下級生時代"【前編】 【2018年インタビュー】
第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
日大三vs下関国際【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
龍谷大平安vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
龍谷大平安vs八戸学院光星【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第11回 日本大学第三高等学校(西東京)【5年ぶり17回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
国士舘 【高校別データ】
都立小平 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム