第497回 【鹿児島展望】神村学園、鹿児島実、2強を軸にV争い!本物の力が問われる夏!2017年06月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]神村学園と鹿児島実の2強が軸に
[2]夏に向けて調子を上げる鹿児島城西と樟南

 今年の夏の鹿児島大会は神村学園鹿児島実の「2強」を軸に優勝争いが繰り広げられることになりそうだ。2強を追う有力校も紹介しながら、この夏の鹿児島を展望する。

神村学園と鹿児島実の2強が軸に

田中 怜央那(神村学園)

 昨秋は準決勝敗退でセンバツ出場を逃した神村学園だったが、春の鹿児島大会は総合力の違いを見せて優勝。春の九州大会でも初戦で東海大福岡にコールド勝ちして勢いに乗り、5年ぶりに九州の頂点にも輝いた。5月のNHK旗選抜大会も制し、春以降の公式戦負けなしと充実した内容で夏を迎える。6月17日の組み合わせ抽選会で第1シードに挙げられることは間違いないだろう。

 打線の破壊力は県内で頭一つ抜ける。田中 怜央那(3年)、島中 大輔(3年)、後藤 拓真主将(3年)、羽月 隆太郎(2年)ら昨夏を経験し、準々決勝で川内にサヨナラ負けを喫した悔しさを知る好打者たちがずらりと並ぶ。前畑 太壱(3年)、南川 翔哉(3年)、山田 瞬太郎(3年)らが成長したことで、打順も様々なバリエーションが考えられるようになり、選手層が厚くなった。

 左腕エース俵森 大輔(2年)が春以降調子を落としていたが、3年生左腕・青柳 貴大や2年生右腕・中里 琉星が成長し、投手陣も安定してきた。打線の強力さに目が行きがちだが、NHK旗では4試合で失策1と投手陣が安定したことで守備もリズムが良くなった。5年ぶりの夏を目指して王座奪取に燃えている。

 これに対抗する一番手は鹿児島実だ。昨夏準優勝のメンバーが総入れ替わりして経験不足が懸念されたが、県大会は昨秋、今春とも準優勝、春の九州大会では福岡大大濠(福岡)、秀岳館(熊本)に勝って決勝進出し、準優勝した。こちらも185センチの長身・渡邊竜基(3年)、川越彪(3年)の右腕投手陣が成長したことで試合運びに安定感が出てきた。勝負強い枦山 幸平(3年)、西 竜我(2年)、昨夏を経験した井戸田 智也主将(3年)らを、相手に合せて柔軟にオーダーを組み、攻略する。昨夏から準優勝が続いており、頂点奪還への想いは人一倍あるだろう。

【次のページ】 夏に向けて調子を上げる鹿児島城西と樟南

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
高岡商vs神村学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第955回 八戸学院光星vs智辯学園の一戦に要注目!大会7日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
神村学園vs佐賀北【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第951回 15本塁打の八戸学院光星vsジャイキリの誉の開幕戦は激戦の予感!開幕日3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第4回 神村学園高等部(鹿児島)【2年ぶり5回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
神村学園vs国分中央【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
池田 【高校別データ】
伊集院 【高校別データ】
出水中央 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
鹿児島情報 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
鹿屋農 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
薩南工 【高校別データ】
尚志館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
川内商工 【高校別データ】
武岡台 【高校別データ】
徳之島 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム