第273回 2016年の高校野球を占う【中国編】「髙田 萌生(創志学園)に続け!中国地区を盛り上げる選手たち」2016年03月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]創志学園に対抗心を燃やすライバルたち 広島県は好投手が数多く揃う
[2]島根、鳥取、山口の注目選手

 毎年、切磋琢磨しあいながら、力を伸ばしている中国地区。昨秋は創志学園が投打で圧倒的な戦いぶりを見せ中国を制したが、創志学園に続くチームは現れるか?
今回は中国地区の5県それぞれの注目チーム、注目選手を紹介していきたい。

創志学園に対抗心を燃やすライバルたち 広島県は好投手が数多く揃う

髙田 萌生(創志学園)

 岡山県は創志学園が注目となる。松坂 大輔2世と呼ばれるエース髙田 萌生は、投球フォーム、最速150キロのストレート、キレのあるスライダーと共通点が多い。一つ一つの能力は文句なしなので、あとは岡山県内では敵なしといえるような絶対的な安定感を求めていきたいところだ。また創志学園は、北川 大貴高井 翔といった打力が高い選手が揃っており、選抜だけではなく、夏まで本領を発揮し続けることができるか注目される。

秋優勝の金光学園は、選手たちの能力は高いものがある。左腕の宮崎 洸は、130キロ近い速球に、キレのある変化球を丁寧に投げ分けて打たせて取る投手。3番大橋 和史、4番八田 敦司を中心とした打線もパワフルで対応力も高く、注目チームに挙がりそうだ。さらに、おかやま山陽は左スリークォーターからキレのあるストレート、スライダーを駆使して抑える坂田 宗也と勝負強い打撃を見せる4番の山崎 航大で勝負。中国大会創志学園に敗れた悔しさを晴らすことができるか。

 身長180センチで、キレのあるスライダーを武器する本格派右腕・大月 廉擁する昨秋準優勝の倉敷工、4位の興譲館、また関西岡山城東倉敷商といった伝統校も注目。昨夏甲子園出場の岡山学芸館は最速138キロ右腕の大北 悠介の投球に注目だ。

 広島県では、昨秋優勝の広島国際学院のエース・森山 滉介は真っ向から振り下ろし、角度ある140キロ前後の速球、曲りが鋭いスライダーを武器にする。やや癖のあるフォームをしているが、一冬越えてどこまで本格化するか楽しみな逸材だ。打者では4番山田 龍哉に注目。恵まれた体格をしており、どっしりとした構えには威圧感がある。まるで横尾 俊建(北海道日本ハム2015年インタビュー)のように縦のスイング軌道ながらもしっかりとラインに合わせることができる打者で、打球の速さが別格だ。

 準優勝の如水館は主軸の持田 大和に注目。難しいコースをいとも簡単にヒットゾーンへはじき返す打撃技術は全国的に見てもなかなかいない左の好打者である。また投手陣ではテイクバック大きめのフォームから繰り出す130キロ後半の速球と曲りが鋭いスライダーを武器にする山下 昇汰、こちらも大きめのテイクバックから135キロ前後の速球を投げ分ける福嶋 健矢(新2年)の両右腕に注目だ。 

 また、広島新庄堀 瑞輝にも注目したい。左スリークォーターから投げ込む140キロ前後の速球、そして打者の手元で鋭く滑るスライダーは一級品で、好調時は簡単に打ち崩せない厄介さがある。広島新庄田口 麗斗(巨人)、山岡 就也(國學院大)といった左腕の好投手を多く育ててきた学校だけに、今年の飛躍に期待がかかる。また今年の新2年生には、有村 綜留という左のオーバーハンドがいる。こちらは堀以上の上背があり、ボールに角度があり、荒れ球で良い意味で綺麗さがなく、狙い球が絞りにくいのも魅力。首脳陣がどう育てていくのか、注目していきたいところ。

 崇徳は、小さなテイクバックからキレの良いストレートを両サイドへ投げ分ける長身左腕・高原 健大朗の投球がカギを握る。名門・広陵は思い切りの良いスイングで、次々と鋭い打球を打ち返す阿部 唯人(新2年)がキーマンとなりそうだ。

このページのトップへ

【次のページ】 島根、鳥取、山口の注目選手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第763回 平成最後の夏の甲子園 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs創志学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
第24回 広陵高等学校(広島)【2年連続23回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第753回 【8日目見所】星稜vs済美、浦和学院vs仙台育英など名門同士の対決に注目!【大会展望・総括コラム】
龍谷大平安vs鳥取城北【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第17回 鳥取城北高等学校(鳥取)【3年ぶり5回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第735回 中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー 【2018年インタビュー】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第431回 広島新庄高等学校 堀瑞輝選手 「強心臓を支えた自慢のスライダー」  【2016年インタビュー】
第422回 創志学園・髙田 萌生投手 『初の甲子園出場に導いた右腕の次なる目標は世代頂点投手へ』 【後編】 【2016年インタビュー】
第421回 初の甲子園に導いた髙田 萌生投手(創志学園) 「『人差し指』に秘められた剛腕への過程」 【2016年インタビュー】
東 哲寛(山口鴻城) 【選手名鑑】
阿部 唯人(広陵) 【選手名鑑】
有村 綜留(広島新庄) 【選手名鑑】
上野 南斗(大社) 【選手名鑑】
大北 悠介(岡山学芸館) 【選手名鑑】
大橋 和史(金光学園) 【選手名鑑】
北川 大貴(創志学園) 【選手名鑑】
古賀野 世南(米子北) 【選手名鑑】
小林 貴己(鳥取西) 【選手名鑑】
坂田 宗也(おかやま山陽) 【選手名鑑】
坂本 拓城(大社) 【選手名鑑】
重冨 将希(南陽工) 【選手名鑑】
重村 俊昭(岩国総合) 【選手名鑑】
高井 翔(創志学園) 【選手名鑑】
髙田 萌生(創志学園) 【選手名鑑】
高原 健大朗(崇徳) 【選手名鑑】
塚岡 大和(岩国総合) 【選手名鑑】
橋本 和輝(石見智翠館) 【選手名鑑】
八田 敦司(金光学園) 【選手名鑑】
林 雄大(大社) 【選手名鑑】
原 将輝(早鞆) 【選手名鑑】
福嶋 健矢(如水館) 【選手名鑑】
福田 丈馬(出雲西) 【選手名鑑】
福間 将貴(出雲西) 【選手名鑑】
藤本 大輔(南陽工) 【選手名鑑】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
水永 大祐(下関商) 【選手名鑑】
宮崎 洸(金光学園) 【選手名鑑】
持田 大和(如水館) 【選手名鑑】
森本 兼生(防府) 【選手名鑑】
森山 滉介(広島国際学院) 【選手名鑑】
山岡 就也(広島新庄) 【選手名鑑】
山崎 航大(おかやま山陽) 【選手名鑑】
山下 昇汰(如水館) 【選手名鑑】
山田 龍哉(広島国際学院) 【選手名鑑】
吉川 貴大(開星) 【選手名鑑】
吉田 拓海(鳥取西) 【選手名鑑】
出雲 【高校別データ】
出雲西 【高校別データ】
岩国総合 【高校別データ】
石見智翠館 【高校別データ】
宇部商 【高校別データ】
岡山学芸館 【高校別データ】
おかやま山陽 【高校別データ】
岡山工 【高校別データ】
開星 【高校別データ】
倉敷商 【高校別データ】
興譲館 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広島国際学院 【高校別データ】
金光学園 【高校別データ】
境 【高校別データ】
下関商 【高校別データ】
如水館 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
崇徳 【高校別データ】
大社 【高校別データ】
鳥取城北 【高校別データ】
鳥取西 【高校別データ】
南陽工 【高校別データ】
早鞆 【高校別データ】
防府 【高校別データ】
山口鴻城 【高校別データ】
米子北 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム