第147回九州地区高校野球大会で初出場ながら、東海大星翔(熊本県)を下し初勝利を収めた具志川商。過去秋の県大会ベスト8が最高位だった普通の県立校が、九州の猛者に勝てるほど成長したのは何故か。具志川商ナインと監督を取材してきた。

 2020年。全国で唯一春季大会を開催した沖縄県だったが、準決勝戦を前に中止が決定。その後、コロナウイルスで全校が長期的な休校を余儀なくされる中、具志川商の三年生たちは誰一人として夏の大会を諦めていなかった。2020沖縄県高等学校野球夏季大会と銘打った最後の夏、具志川商はベスト8を目前に敗れてしまう。

 その後、コロナウイルスの第二波で、新人大会の中止が決定。しかし、現粟國主将を中心に皆が連絡を取り合ってきた具志川商は、モチベーションが下がることなく秋の大会を迎えた。

過去4度阻まれていたベスト4の壁を打ち破る


 初戦の名護商工戦。具志川商は3回、狩俣 伊吹比嘉 力太伊波 勢加のタイムリーで4点を奪うなど、5回まで6-0と完璧な試合運びを見せ勝利。

 続く八商宮工総の連合校戦では、1番上原 守凛の2本の長打をはじめ、伊波 勢加のホームラン、高良 琉空新川 俊介の三塁打と計5本の長打を含む12安打9得点で快勝。三回戦の美来工科高校戦でも打線が爆発。序盤の3回までに8点を奪う猛攻をみせ7回コールドゲーム。秋通算5度目となるベスト8進出を決めた。

 準々決勝の相手は宮古。初回、4番狩俣 伊吹のタイムリーで先制したものの、先発の粟国 陸斗が4回を投げ自責点ゼロながら2点を失い逆転され、この大会初めてリードを許す展開に。宮古の剛腕新里の前に中々加点出来なかった具志川商打線だったが5回、狩俣 伊吹のこの試合二度目のタイムリーや、比嘉 力太の2点タイムリー二塁打などで一挙4点を奪い試合をひっくり返す。

 8回、9回にもダメ押し点を重ねた具志川商粟國 陸斗を継いだ伊波 勢加も1失点と宮古打線を抑え快勝。

 過去4度跳ね返されたベスト4進出の壁を、ついにこじ開けたのだった。