目次

[1]三南の野球を貫けた秋季大会
[2]躍進見せた三島南の根底にあるもの

前回までの記事はこちらから!
21世紀枠推薦校に選出!創部100年を迎える伝統校・三島南が静岡を破り4強入りするまで【前編】

 前身の三島商時代から数えて、昨年創立100年を迎えた三島南。2年後に創部した野球部は、2021(令和3)年、つまりこの秋のチームが創部100周年目のメンバーということになる。

 そんなチームが、この秋は県大会では県内1の名門静岡を下すなどしてベスト4に進出した。惜しくも東海地区大会進出はならなかったものの、新たな歴史と伝統を築いていこうという三島南を訪ねた。

 今回は、後編をお届けする。

三南の野球を貫けた秋季大会



注意事項を指示する稲木監督

 主将として2年生12人、1年生15人、マネージャー4人というチームをまとめていく伊藤 侍玄主将は、「主将としての自覚を持ち続け、きびきびした行動をとり、野球以外の面でも指示したりできることを目標としていきたい」という思いだ。

 しかし、秋季大会に関しては、「チームとしては三南の野球をすることができたと思う」としながらも、自分自身のプレーに関しては反省だらけだったという。
 「目標としていたことがまったく達成できなかった。プレーでチームを引っ張りたかったのだけれども、いつもの打撃の調子を持ってくることができなかった」

 そう悔いていた。それでも、主将としては静高戦の前などは、「自分たちは運がいい」ということを口に出して言い聞かせて、名前負けしないで運や流れを引っ張ってくることを心掛け、結果としてそれは実現した。

 今のチームを伊藤君はこう分析する。
 「波に乗れば得点を取れたり、まとまった守備が出来るけれども、一つのエラーで流れを失ったり、0点の攻撃が続いてしまったりすることもあり、まだまだ安定していない。ただ、調子のいい時の自分たちのチームは誰にも止められないと思うので、この冬の練習でしっかりと追い込んで、勢いをつけて来年に臨んで結果を出せるようにしていきたい」

 そのためには、「とにかく皆からはどれだけ嫌われても、トレーニングや練習をするときには先頭に立ち、プレーではなく気持ちの面でチームとしてのパワーアップさせたい」という気持ちで取り組んでいくという。

 これは、「持っているものを100%出す」「本質を掴んだ行動をする」という稲木監督が掲げているチームの目標とも一致していく。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。