第500回 明星(東京)自分のために練習を『やる』チームが目指すはベスト4常連校2018年06月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選手自ら練習を進める
[2]バリエーション豊かな練習でバッティング強化を図る
[3]ベスト4常連の先に聖地が待っている

  今年も東京都の勢力図は西高東低といっても過言ではない。春季大会ではベスト4を西東京勢が独占し、西東京の夏の大会はシード校が9校となっている。全国でも有数の激戦区であることは間違いないだろう。その西東京に属し、昨秋の都大会ベスト8の好成績を残したのが、今回の訪問先で府中市にある明星高校である。

 昨秋は世田谷学園、そして岩倉に勝利しベスト8。今春はベスト4入りを果たした都立小山台と接戦を演じている。そんな明星というチームは一体どんなチームなのか。監督である石山敏之先生に話を伺った。

選手自ら練習を進める



ティーバッティングの様子

 明星高校野球部のグラウンドは地区予選の時は試合会場となっているが、そのグラウンドは専用ではなく、校庭をサッカー部と兼用している。そのため、練習の時は始まってすぐに全体練習とはいかない。サッカー部が練習を終えるまでは使える範囲で練習を行い、サッカー部が上がってから全体練習をしている。
 そんな環境で活動する明星高校で監督を務めるのが、今年で就任5年目を迎える石山敏之先生である。どんなことを大切にして選手に指導しているのか話を聞いた。

 「監督にやらされている感じを出さずに、選手自ら考えて練習をやっています」。
 その考えのもと、明星では選手が練習メニューを決めている。新チーム当初は監督が大枠のメニューを決め、細かな部分を選手の意見を聞くようにして決めていたが、現在は選手に任せているのだ。ここに「脱・やらされている練習」の肝があった。

 「自分たちでメニューを考えて練習をさせれば、こっちがメニューを提示するよりはやらされている感覚はない」という理由で、明星では選手がメニューを決定している。
 さらに驚きなのはその細かさだ。校庭が全面使える時間から逆算し、野手・ピッチャーがどの練習を何時までやるのか。さらにピッチャーがブルペンで投げる時間に、どう動けばキャッチャーが投球を受けることができるのか。また今であれば1年生をどのタイミングで練習のサポートに回すのか。そこまでの練習の動きはどうするのか。

 この細かいプランニングを選手に任せるのが、明星野球部なのである。この方法になったのは就任2年目のある試合がきっかけだった。

 「試合の時に、選手たちがまるで敵みたいな感じで監督の顔を見てプレーしていたんですよ。けど本当は相手チームが敵なので、選手が顔色を見ないようにやってもらいたい。(監督の)顔色を見ていてはチームが強くならない。とにかく自分たちのために野球をやってもらいたい」と感じた当時就任2年目の石山監督は、思い切って選手に練習を任せるようにした。

【次のページ】 バリエーション豊かな練習でバッティング強化を図る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立小山台vs東海大高輪台【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
明星vs多摩大聖ヶ丘【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第108回 同じ目標に向かって歩む仲間でありたい!都立小山台(東京都)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第631回 太く強固な84本の矢となって東東京を勝ち抜く! 都立小山台(東京)【後編】【野球部訪問】
第631回 思いを語りぶつけ合う、日誌こそが小山台野球、強さの秘訣 都立小山台(東京)【前編】【野球部訪問】
第55回 都立小山台・福嶋正信監督が明かした指導理論 「真の情熱が安定した強さを生む」【後編】【名将たちの言葉】
第951回 都立唯一のベスト4・小山台に現れた強打の核弾頭・池本仁志が追求する「一番像」とは 【2019年インタビュー】
国士舘vs都立小山台【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立小山台vs早稲田実業【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立小山台vs都立紅葉川【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第729回 2018年の都立の星 吉岡桃汰(東大和南)「神宮球場のマウンドで投げたい!」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
戸谷 直大(都立小山台) 【選手名鑑】
郁文館 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
明星 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム