目次

[1]なぜ富島を選んだのか
[2]レギュラー陣が語るセンバツへの決意

 春夏通じて初めての甲子園に挑む富島のキープレーヤー3選手に現在の心境や、センバツに向けての意気込みなどを語ってもらった。

 ―― 野球の強豪校ではなかった富島を選んだ理由を教えてください。

中川 大輝(以下、中川): 父(清治)が外部コーチをしていたというのが大きいです。小学校から野球をやっていて、学校は特に決めていなかったけど、高校は甲子園に行ける学校を考えていました。父がコーチをするまで富島については知らなかったし、興味もなかったです。
 父がコーチをし始めた頃から興味を持ち始め、だんだん選手も集まってきました。そして自分が中3の時、富島が秋の県大会で準優勝したことが決め手になりました。

黒木 将胤(以下、黒木): 自分たちの2つ上の先輩たちが九州大会出場という結果を残したというのが大きかったです。いくつか私学から誘いはありましたが、地元で県立の学校ということでここに決めました。

松浦 佑星(以下、松浦): 進路をどうするか、決めるのが遅かったのですが、濵田先生から声を掛けていただいて、ここなら自分の理想とする野球を精一杯楽しんでできるんじゃないかと思いました。富島が野球の強い学校というイメージは元々なかったけれども、3つ上の先輩たちが九州大会に出て、その代のチームの試合などを見に行くこともあって、力をつけてきているという印象は持っていました。

 ―― 新チームが発足した頃はどのような課題を持って取り組んでいましたか?

中川: 新チームができた頃は、チームとしてのまとまりがなかったので、まずはチームとして一つになることを意識して練習に取り組みました。夏休みは外野の送球、内野との連携などの基礎練習から実戦形式の練習まで、かなりの練習をこなしました。休みがお盆の2日ぐらいしかなくて、ほぼ毎日、朝から夕方まで練習していました。

黒木: 自分たちは個性が強いメンバーがそろっていました。一人一人が反対されても自分の意見を言い通すようなところがありました。なので、チームとしてまとまるチーム力をつけること、一つのことを徹底することが課題でした。

松浦: 新チームになってレギュラーメンバーになることはできましたが、もっと個々の力をつけていかないと上では通用しないと思いました。新チームになった頃、このチームでセンバツにいけるイメージは正直ありませんでしたが、夏休みにほぼ毎日きつい練習をしたことが大きかったです。あのきつい練習があったから、秋の大会は自信を持って試合に臨むことができました。

 ―― 自分にとって印象に残った試合、成長を感じられた試合、課題になった試合は何ですか?

中川: やはり県大会初戦の小林戦です。先制点をとったのに気が緩んでしまって、途中で逆転されてしまいました。先制しても気を緩めず、勢いを更に引き延ばす意識が大事だと学んだ試合でした。
 あの試合で負けていたら今のセンバツもなかったわけで、最後まであきらめないことの大切さを学んだ試合でもありました。この試合を経験したから、次の鵬翔戦も先制された苦しい展開だったけど、あきらめずに最後まで戦い、サヨナラ勝ちできました。この2試合を経験できたことは大きかったです。
 それまで先制しないと勝てないチームだったけれど、あの試合を経験したことで先制されても絶対取り返して逆転するという気持ちをみんなが持てるようになったと思います。

黒木: 九州大会準決勝の東筑戦です。初回に3点とられて、今までならそこでズルズルとやられてしまっていたのが、この試合は踏ん張ることができ逆転しました。取られた直後に味方が1点返してくれたのが大きかったです。この試合から自分の中でも何かが変わった気がします。
 県大会初戦の小林戦は8回まで2点差で負けていましたが、9回表、今まで以上にベンチが盛り上がって声が出ていて負ける気がしませんでした。新チームスタート時の課題だったまとまりや徹底力がしっかりついたのを感じました。

松浦: 県大会2戦目の鵬翔戦です。先制されて終盤まで負けていたけれど、夏のきつい練習をやっていて負けたくない気持ち、絶対に負けない自信があって、みんなが一つになって逆転できたのが嬉しかったです。初戦の小林戦も、中盤逆転されて負けそうな試合でしたが、そんな時ほど、夏のきつい練習を思い出して負けたくない気持ちを出すことができました。
 それまで僕たちは先制されたり逆転されると負けることが課題だったけれども、あの2試合を経験して、その後も接戦や先制される試合もありましたが、不思議と負ける気はしなくなりました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。