早大の走塁

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第6回 オフ期間のバッティング計画と練習法 (JX-ENEOS 大久保秀昭監督)2012年10月16日



▲今夏、第83回都市対抗野球大会にて10度目の優勝を遂げたJX-ENEOS

 今夏、東京ドームで行われた第83回都市対抗野球大会で史上最多10度目の優勝を遂げた、社会人野球の強豪・JX-ENEOS。主軸の池辺啓二選手(智辯和歌山-慶応大)を筆頭に強打者が揃う。
 今年はシーズン始めから、ある試みを行い、バッティング改革を求めてきた。「二塁打、三塁打の数が前年よりも増えました。目に見えて、効果があったと思います」と語るのは、大久保秀昭監督だ。
 桐蔭学園、慶応大、日本石油(現・JX-ENEOS)を経て、近鉄バファローズに入団。5年間の現役生活のあと、横浜ベイスターズでコーチを務め、2005年12月にJX-ENEOSの監督に就いた。
 社会人の王者は、どのようなバッティング練習をしているのか。指揮官として2008年、2012年に日本一を遂げている大久保監督に聞いた。

【関連記事】第83回都市対抗野球大会 決勝 JX-ENEOS VS JR東日本(社会人野球ドットコム)

【目次】
[1]970グラムのバットを振り込む/大会に合わせてメニューを組む
[2]素振りの注意点/意識の差が結果にあらわれる/1本の素振り、1球のティーバッティングの価値

970グラムのバットを振り込む

▲JX-ENEOS 大久保秀昭 監督

 今年、年頭にかかげたテーマは「パワーアップ」でした。

 バッティング面でいえば、練習では970グラム以上、オープン戦では930グラム以上のバットを使うことを徹底しました。普段、公式戦で使うのは900グラム前後です。

 練習の段階から、重たいバットを振り込むことで、パワーをつける狙いがありました。二塁打、三塁打の数は前年より増えましたね。目に見えて、効果があったと思います。

 高校生も重たいバットを振ることは、大いに意味があります。形も大事ですが、まずは振る体力、スイングスピードがなければどうにもなりません。

 ピッチャーが投げたボールが、バッターのところに届くまで、およそ0.4秒です。その間に細かいことを考えていたら打てませんよね。

大会に合わせてメニューを組む

▲スイングについて語る大久保監督

 練習メニューは、期間によって変わってきます。

 社会人の場合、都市対抗がもっとも大きな大会でその予選が6月にある。まずは6月にピークを持っていくようにしています。
 具体的にいえば、練習量です。ピークを作る前に強化期間を作って、スイング量を増やす。そこから、徐々に落としていくようにしています。

 スイング量は、予選前の強化期間でいえば、3日間で1000~1200。冬に入る12月は、1日で1000~1200スイングで、10日間で15,000スイングを目標にしています。

 12月に行うのはティーバッティングと素振りが中心です。ティーは基本的にはスタンドティー。斜めからトスをあげるティーよりも、実戦に近いという考えです。ネットがあるのなら、正面からのティーが一番いいでしょう。

【次のページ】 素振りの注意点

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
コメント (2)
参考にさせて頂きます。2017.10.22 Hiroki Kobayashi
滋賀県でトレーナーをしています。
本日も県立高校のサポートに行ってきたのですが、
ミートポイントを意識して素振りができていなかった。
参考にさせて頂き、次回のサポートに生かしたいと思います。
勉強になりました!2012.10.21 高校球児
大久保さんの考えはすごいと
思いました。
自分の目標のなかった練習に勉強になりました。
目標設定をしっかりもって意識して練習に取り組みたいです
自主せいもしっかりもってやっていきます!
ほんとに勉強になりました!
ありがとうございました。

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム