目次

[1] 立田将太、岩下大輝など西日本、東海、北信越地区の逸材
[2] 九州は小野郁、佐野晧大など多くの右の本格派が揃う

[3] 数少ないおススメの高校生左腕!

数少ないおススメの高校生左腕!

速球の速さならば今年の高校生ナンバーワンの塹江敦哉(高松北)

 今年のドラフトの特徴として有望な高校生左腕が少ない。今年の高校生左腕のトップクラス左腕であった森田 駿哉富山商)が大学進学希望、田嶋 大樹佐野日大)がJR東日本志望、小島 和哉浦和学院)も進学志望を打ち出し、今年のプロ入りはなくなった。スカウトにとっては頭を悩ませるものだが、それでもおススメの左腕を6名紹介していきたい。

 最速144キロを誇る齋藤 綱記北照)は速球派左腕として化ける可能性が高い。

 またこの夏、最速149キロを計測した速球派左腕・塹江 敦哉高松北)は、以前は制球力に課題を残していたが、この夏、我慢強い投球が出来るようになった。
器用な投手ではないが、着実に物事に取り組む姿勢はあるので、目標を見失わず取り組むことが出来れば、プロでも才能を発揮することができるだろう。

 また完成度という点では中嶋 優佑滋賀学園)が高く評価されている。140キロ前半の速球に加え、曲がりの鋭いスライダーをコンビネーションにした投球スタイルは安定感がある。

 まだ未完成だが、柔らかい腕の振りから140キロ近い速球を投げ込む齋藤 誠哉磐田東)、186センチから威力あるストレートを投げ込む本格派左腕・島原 達也太成学院大高)、また土台の良いフォームから最速143キロの速球を投げ込む笠谷 俊介大分商)にも注目だ。

 以上、指名される可能性がありそうな投手たちをピックアップした。指名された選手たちは夢であるプロ野球で名前を残す活躍を見せてほしい。そして例え指名がなくても、まだ選手たちには続きがある。文句なしの実力を付けて、プロの門をたたいてほしい。

(文=編集部 河嶋 宗一


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

このページのトップへ