第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間2019年10月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]高2時の評価は「今年のドラフトでも1位」
[2]全国が衝撃を受けた高校生最速163キロ

 10月17日に行われる2019年プロ野球ドラフト会議。星稜奥川 恭伸や明治大・森下 暢仁らと並び、今年のドラフトの目玉の一人として注目されてるのが大船渡佐々木 朗希だ。最速163キロの未完の大器の交渉権を獲得するのはどの球団なのか。今回は、ドラフト前に佐々木の3年間の歩みを振り返ろう。

高2時の評価は「今年のドラフトでも1位」



佐々木朗希(大船渡)

 岩手県陸前高田市で育った佐々木は、東日本大震災の影響で大船渡市に移り、中学時代は大船渡一中では軟式野球部に所属。当時から140キロを計測するなど、県内では知られる存在だった。「地元の仲間と甲子園に行きたい」と進学した大船渡では、1年夏からベンチ入りを果たし、公式戦初登板でいきなり147キロを計測。大谷 翔平級の逸材が、またしても岩手に現れたという衝撃とともに、瞬く間にその名を全国に轟かせた。

 1年秋は登板なしで終え、迎えた2年春の県大会、公式戦初先発を果たすと、153キロを計測。夏には2回戦で完投勝利を挙げるなど、最速を154キロまで伸ばした。チームは3回戦で敗れたものの、当時の佐々木を観たスカウトたちが「今年のドラフトでも1位」と絶賛する投球を見せる。

 迎えた2年秋、背番号1を背負い岩手大会ベスト4入りを果たすも、3位決定戦で専大北上に敗れ、東北大会、翌春選抜出場が絶たれた。しかしこの大会でも済美・安樂 智大がマークした2年生最速タイとなる157キロを叩き出すなど、順調にその才能を伸ばし続けた。

【次のページ】  全国が衝撃を受けた高校生最速163キロ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第95回 ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!【高校野球コラム】
第30回 吉村卓也が注目の高校生ドラフト候補をピックアップ!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第237回 2019年のドラフトは「キセキの年」。奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁の目玉投手3人の魅力とは??【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第229回 佐々木朗希はプロでどこまで通用するのか、大谷と徹底比較!【ドラフト特集コラム】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
花巻東vs黒沢尻工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
第1003回 「大谷2世」の言葉はまだ使わない 無限の可能性を秘めた山崎隆之介(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第956回 「野球を愛する純粋な高校生」目指すは見るものをワクワクさせる野球選手 山田紘太郎(西尾東)【後編】 【2019年インタビュー】
第946回 関西屈指の野球センスを持った「次世代の二刀流候補」 谷口勇人(京田辺ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第913回 「球威」と「制球」を両立させた伸び盛りの本格派 清水樹(秦野リトルシニア) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
大船渡 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム