第187回 2019年ドラフトガイドブック(投手編) 特A、Aクラス投手がひしめく豊作年!2018年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]特AとAクラスの投手はこの6人だ!
[2]全国にまだまだいる楽しみな速球派投手たち


 来年は投手に特Aクラスの投手、Aクラスの投手が世代をけん引している。うまくいけば、来年のドラフト会議では上位へ名を連ねる可能性を秘めている。

 そんな逸材たちを紹介したい。

野手編はこちらから!
2019年度ドラフトガイドブック野手編「石川、黒川など甲子園組が世代をけん引する!」

特AとAクラスの投手はこの6人だ!



佐々木朗希(大船渡)

 特Aといえば、やはり大船渡佐々木 朗希だろう。体躯の大きさ、ストライドが大きいフォームから繰り出す常時150キロ中盤の速球、140キロ前半のスライダーとどれ1つをとっても、大谷 翔平クラス。

 日本でトップの高校生でメジャーのトッププロスペクトに負けない才能を持った選手は10人に1人、2人いるかの確率。佐々木はそういう選手たちと比較しても全く負けていないポテンシャルを持った特Aクラスの選手といっていい。

 岩手県大会では盛岡大附打線に打ち込まれた。徹底マークをして強力打線を仕上げてきたチームを抑える投球術を身に付けることが課題ではないだろうか。



井上広輝(日大三)と及川雅貴(横浜)

 また、A級の投手は非常に多い。井上 広輝日大三)、及川 雅貴横浜)、西 純矢創志学園)、奥川 恭伸星稜)、根本 太一木更津総合)の5人となるだろう。

 井上は夏の甲子園で最速150キロを計測したが、なんといっても魅力なのはダイナミック且つ脱力が利いたフォームで、回転数抜群の140キロ中盤の速球を投げ込むことができること。リリーフで登場した目白研心戦を振り返ると、ストレートの平均球速140.12キロ・最速146キロとボールの走りは相変わらずよかった。井上にとって怖いのはケガ。持っている素質は素晴らしいだけに、器を大きくしながら故障に強い投手となってほしい。

 及川は本物の速球派左腕。関東大会・甲府工戦では8回まで投げて、ストレートの平均球速は144.24キロと、プロの速球左腕とひけをとらないものであり、過去に騒がれてきた左腕と比較してもぐんと速い。その試合は140キロ以下は2球のみで、この2球はバントをさせようと思ったもの。いつでも140キロを出すことができるのだ。

 また、130キロ前半の高速スライダーは打者の手元で変化するもので、2019年度の高校生左腕では最も精度が高いだろう。ただ、投球の引き出しが乏しいのが課題。準々決勝の春日部共栄戦では、3安打はすべて長打となり、5失点を喫した。現在は球種を制限しているが、制限しているなりにストレートに強弱をつけるなど、メリハリをつけてほしい。



西純矢(創志学園)・奥川恭伸(星稜)・根本太一(木更津総合)

 西は岡山大会、甲子園の無四球完封を果たしたときのピッチングは本当に隙がなかった。前田 健太を彷彿とさせるような投球フォームから、140キロ後半の速球、縦横のスライダーを投げ分けたピッチングは脅威。ただ、秋の県大会を見ると、失点が多い。どこかメカニズムに狂いがあるのか、気になってしまう。中国大会で巻き返すことを願っている。

 神宮大会出場を決めている星稜の奥川。ステップ幅が狭いフォームから繰り出す150キロのストレートは重量感があり、ただ1人、2年生ながら代表入りしたアジア大会のピッチングを振り返っても、3年生に負けていない威力があった。

 北信越大会で10者連続三振、さらに準決勝では150キロ。また、北信越大会の成績を見ると、決勝戦の2失点は自責点0だったので、33イニングで防御率0.00、41奪三振、与四球は1。投手の制球力を示すK/BBでは41.00と、驚異的な成績を残した。奥川に望むことはただケガをしないこと。世代トップの成績を残してほしい。

 また根本は、来年、常時150キロ越えに期待がかかる速球派右腕。甲子園ではリリーフ中心で活躍し、最速149キロをマークした。しかし秋の大会では打撃力が高い中央学院に打ち込まれた。

 木更津総合は例年、大学に進学する傾向にあるが、もし高卒プロに行きたい場合、甲子園出場。そして甲子園で実績を残し、全体的なピッチングのレベルアップに成功すること。大学進学傾向が強い学校はこういうケースから大学進学からプロ入りに転換しているだけに、根本には高い要求になるが、ドラフト1位指名で行ける力量に達することを期待したい。

■注目投手リスト その1
佐々木 朗希大船渡
井上 広輝日大三
及川 雅貴横浜
西 純矢創志学園
奥川 恭伸星稜
根本 太一木更津総合

【次のページ】 全国にまだまだいる楽しみな速球派投手たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第1004回 名将・木内監督から影響を受けた選手との二人三脚の重要性。2年ぶり甲子園を狙う土浦日大の課題は?【後編】【野球部訪問】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1090回 高校1年秋の時点で通算21本塁打。大型外野手・吉野創士(昌平)の完成形は鈴木誠也だ 【2019年インタビュー】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
東海大札幌キャンパスvs大阪商大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
﨑村太陽(秀岳館) 【選手名鑑】
浅田 将汰(有明) 【選手名鑑】
岩田 永遠(北海) 【選手名鑑】
小林 珠維(東海大札幌) 【選手名鑑】
下村 海翔(九州国際大付) 【選手名鑑】
谷岡 颯太(武田) 【選手名鑑】
坪井 悠太(大阪偕星学園) 【選手名鑑】
前 佑囲斗(津田学園) 【選手名鑑】
吉田 力聖(光泉) 【選手名鑑】
渡邉 拓海(酒田南) 【選手名鑑】
渡辺 拓海(酒田南) 【選手名鑑】
有明 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
石岡一 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
英明 【高校別データ】
大阪偕星学園 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
小樽未創 【高校別データ】
霞ヶ浦 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
九州国際大付 【高校別データ】
光泉 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
酒田南 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
昌平 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
武田 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
東海大札幌 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
羽黒 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福井商 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
社 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム