目次

[1]巨人とは相思相愛でプロ入り
[2]連投できることは投手の強みになり得る

 現在、大好評配信中のAmazonプライムビデオ「プロ野球そこそこ昔ばなし」は、芸人ナイツと吉田明世アナウンサー、野球解説者の金村義明氏を中心に毎回、プロ野球OBのゲストを迎え、当事者たちしか分からない当時の裏話を笑いとともに語り合う内容になっている。気になる話は本編を見ていただければと思うが、そこに第10話と第11話のゲストとして出演した槙原寛己氏が今回のお相手だ。

 1981(昭和56)年のドラフトで大府高校在籍時代に巨人から1位指名で入団した槙原投手。その後プロ野球では完全試合なども達成し、通算159勝を記録している。前編では大府高校進学のきっかけから入学当初。中編は2度の甲子園でのエピソードを中心に語ってもらった。後編ではプロ入りまでのエピソードや、球数制限に関する意見を語っていただいた。

前編はこちらから!
入学当時は甲子園出場は厳しいだろうと思っていた 槙原寛己氏【前編】

中編はこちらから!
全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】

巨人とは相思相愛でプロ入り


 報徳学園に5対3と快勝した大府は、5日後の雨の中の2回戦で御坊商工にわずか4安打しか奪えず0対4と敗退する。グラウンド状況も悪かった上に、チームとしても報徳学園に勝ったということもあって、「次の上宮のことばかり考えていました。正直、ちょっと相手を軽く見ていたところはありました」と、槙原投手自身も反省する内容だった。まさに、足元をすくわれたという形で敗退してしまった。

 それでも、すぐに帰って夏へ備えていったのだったが、その年の夏は工藤公康投手(西武→ダイエーなど。現ソフトバンク監督)を擁する名古屋電気が躍進して愛知大会を制する。大府は準々決勝で敗退して3季連続の甲子園出場はならなかった。

―― 夏の大会が終わって、その時の意識として進路はどう思っていらっしゃったのですか。

 センバツに出たことで、多くの人からも(プロに)行けるんじゃないか。というようなことは言われていましたし、自分でも意識はしていました。また、ある程度はやれるんじゃないかなという気持ちにはなっていました。

―― 今のように、プロ志望届というような手続きなどまだない時代でしたが、意識としてはプロ志望ということになっていたということですか。

 何球団かは学校に挨拶にも来てくれていましたし、具体的に1位で行くぞと言ってくださったところもありました。自分でも、甲子園である程度は投げられたことでプロへの自信というか、確認は出来ていました。

―― 愛知県で高校球児としてやっていらっしゃった槙原さんですが、当時好きな球団というか、ファンとしてはどこが好きだったんですか。

 あ、ボクは、巨人でしたね。

―― ということは、巨人の1位指名というのはまさに願ったり叶ったりというところだったわけですね。

 そうですね。当時は、今みたいに(ドラフトの)テレビ中継もありませんし、午前中から(ドラフト会議を)やっていたと思うんですけれども、3時間目が終わった時だったかなぁ、トイレへ行こうとしたら女の先生から『槙原君、巨人に決まったよ』と教えてくれて、それでこんな早い時間だったら1位指名かもしれないと思って、それからは何も手がつかない状態でしたね。

 4時間目はまったく覚えていません。それで、確か午後からはマスコミ対応に備えなくてはいけないということで5時間目と6時間目は出なくていいから待機ということになりました。