第12回 2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?2019年12月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

沖縄を代表する興南高校吹奏楽部

1.「戦闘開始」 愛知県:東邦高校

 東邦高校だと、T・O・H・O!TOHO東邦!と4度続きますよね。
 これが例えば沖縄の美里工業高校だと、応援のときは略して美工。なので、B・I・K・O!BIKO美工!と4つ続けます。

 このイニング!得点するぞ!という機運のときに各校が好むのも、戦闘開始というネーミングがあっているのも、そして最後に「打て!打て!打て打て打て!」と締めるのも、全てが球児たちの心を捉えて離さないのかも知れません。

2.「SUGAO MIX」 東京都:東海大菅生高校

 こちらは東海大菅生高校の応援歌。
 トランペットのリードから始まり、「ウォー!菅生!」と、気合と校名を歌うことで一気に盛り上がります。

 3文字の校名が一番しっくり来ますが、例えば「ウォー!お・き・しょー!」(沖縄尚学の略)と、各校のカラーと応援力が合わさって見事な繋ぎを聴かせてくれます。

 「打て!打て!〇〇(選手名)見せろよお前の力。チャンスを掴めよ、お前に任せた」
 先ほどの戦闘開始と同じく、打てというフレーズが続きます。
 やっぱりみんなの願いは、打って欲しいのです。

3.「アゲアゲホイホイ」 兵庫県:報徳学園

 今ではたくさんの高校が取り入れる応援曲になりました。
 元々は「サンバ・デ・ジャネイロ」。
 その音色に合わせて「アゲアゲホイホイ!もっともっとー!」という掛け声を上手く組み合わせていますよね。

 あと、校名が入らないので、どの高校でも門前が低く取り入れやすい応援歌と言えるのではないでしょうか。

 沖縄では「エッサエッサー!」が多いような気もしますが、元祖の「ハイヤハイヤー!」なども含め、これから先、この部分にオリジナルの掛け声が生まれてくるのかも知れませんね。

 浦添商業高校の「浦商サンバ」や「首里高サンバ」など、浦和学院高校からのサンバは毎年のように聞こえてきますし、全国レベルの西原高校のブラバンは、習志野高校の「美爆音」に負けない(盛り過ぎかな)くらい素晴らしいものです。

 僕個人的には「アフリカンシンフォニー」が大好き。
 もし自分が打席に立ったなら、これを流して欲しいと応援団に頼みます(笑)。

(文=當山 雅通

関連記事はこちら!
SUGAO MIXを映像で!応援を聴いてみる!
2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン
美爆音!習志野吹奏楽部に迫る!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
美里工vs前原【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第27回 チーム内での競争激化が、来る春そして夏への二連覇をもらたす 沖縄尚学(沖縄)【冬が僕らを強くする2020】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
日本ウェルネスvs首里【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
浦添商 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
首里 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
西原 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム