第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!2019年08月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ここまで好調な野手はだれだ?
[2]今後の課題は左投手への対応!指名打者を誰にするのか?

 8月30日から始まる第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ。順調な仕上がりを見せている投手陣に対し、野手陣は走攻守すべてにおいて課題がみられる。世界一のカギを握っているのは、「野手陣の成長」といっても過言ではない。

ここまで好調な野手はだれだ?



石川昂弥(東邦)

まずはここまでの国内合宿で、バッティングの調子が上がっている選手を紹介したい。

 最も好調なのは、高校通算53本塁打の石川 昂弥東邦)。
 国内合宿で行われた実戦3試合すべてで安打を放ち、チームトップの4打点、4安打を叩き出した。石川の対応力は代表選手の中でも一番。大学代表戦の5回表に放ったフェンス直撃の適時二塁打は、あわやホームランの当たりとなったが、140キロ中盤の速球にも対応できており、チームの打の柱となることは間違いない。

 同じく東邦熊田 任洋も素晴らしいバッティングを見せている。24日の駒澤大戦では、2試合で3安打。さらに大学代表戦でも、適時打を放ち、チームトップの4安打をマークした。

 遠藤 成東海大相模)は、駒澤大とのオープン戦で2試合連続適時打を放つ活躍で、「長打力」という点では石川に次ぐ選手だ。打撃フォームの形が良く、強い打球が打てるのが魅力。

 まだ目立った活躍はないものの、世界大会での本塁打を期待できるのが森 敬斗桐蔭学園)だ。体全体を効率よく使ったフルスイングで、捉えた時の打球はホームラン性の当たりも多い。飛距離はあるものの、まだファールも多いが、打撃練習を見ていても痛烈なその打球に期待がもてる。ミスショットを少なくし、戦いながらも、いかに精度を高められるかが課題となる。

 また、武岡 龍世八戸学院光星)にも期待したい。大学代表戦ではインコースの速球を振り抜き、二塁打とした。しかも、打った投手が、150キロを超える速球を投げる伊藤 大海(苫小牧駒沢大)からだった。
 武岡はインコースが課題といわれているが、スイング軌道が良い時はコース関係なく打ち返している。
 調子が良い時は、手首が早く返らず、下半身にも粘りがあって縦軌道のスイングができているが、悪い時はすぐに手首が返ってしまう。良い状態が続けば、スタメン固定も時間の問題だ。

 横山 陽樹作新学院)も大学代表戦で安打を放ったが、スイングの鋭さ、打球の鋭さは他選手にも負けてはいない。

【次のページ】 今後の課題は左投手への対応!指名打者を誰にするのか?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
県立岐阜商vs東邦【2020年秋の大会 第73回秋季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs加藤学園【2020年秋の大会 第73回秋季東海地区高等学校野球大会】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
柴田vs八戸学院光星【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第266回 法律的にも批判されている韓国版「田澤ルール」撤廃。プラスになるような改革を韓国でも【後編】【ドラフト特集コラム】
第265回 2年間の契約不可、契約金不可…。日本の田澤ルールより厳しい「韓国版田澤ルール」の制約とは?【前編】【ドラフト特集コラム】
第1146回 元プロを父に持つ中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り 【2020年インタビュー】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
伊藤 大海(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
熊田 任洋(東邦) 【選手名鑑】
武岡 龍世(八戸学院光星) 【選手名鑑】
森 敬斗(桐蔭学園) 【選手名鑑】
横山 陽樹(作新学院) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム