第75回 「世界一楽しい野球」で甲子園へ! 大村工(長崎)【前編】2019年07月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]チームの目標を変えた12月
[2]変わりだしたチーム、そして一丸へ!

「世界一楽しい野球」へ!チームの目標を一変



高比良 俊作監督(大村工)

 夏に向け、チームがまとまってきた大村工。しかし、新チーム発足当初から順風満帆だったのかというと、そうでもなかった。

 高比良 俊作監督は、「今年のチームは、力はありながらなかなか勝てなかったチームかなという感じですね。遅咲きと言うか、ようやくNHK杯以降、この1,2ヶ月でチームらしくなってきたのかなという感じはしますね」と、夏の大会直前にして、ようやくチームとしての完成形に近づいてきたと話してくれた。

 チームがまとまり出したきっかけは、昨年の12月に遡ることになる。

 チームの目標を「甲子園出場」から「世界一楽しい野球」に切り替えたのである。

 高比良監督はその意図を
「『世界一楽しい野球』の途中に「甲子園」があるんだ。だから誰よりも野球を楽しむのような取り組みをして行こうと決めました。その中で、打球の飛距離であったり、いろんな事を研究しながら考えてみる。そういうことを通して、野球を知りながら楽しんでいこうという取り組みにしました」
と話してくれた。

 ただ、そこから今のチーム状況になるまでには多くの紆余曲折があった。「世界一楽しい野球」という言葉だけが一人歩きをし、「楽しい野球」をするために、「どんな努力が必要なのか?」が抜けてしまい。3年生同士で、話し合いを行ったこともあった。そのようなぶつかり合いの中で、夏直前にチームがまとまりだしてきたと言えるだろう。

関連記事はこちらから!
大村工の戦歴をチェック!!
春季長崎県大会の結果をチェック!
秋季長崎県大会の結果をチェック!

【次のページ】 変わりだしたチーム、そして一丸へ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1024回 188cm88kgの怪童の武器は「理解力」と「アウトプット力」 作本想真(大村工) 【2019年インタビュー】
第113回 「応援ならどこにも負けない!3年生の仲ならNo.1」大村工(長崎)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第77回 大村工(長崎)打撃のチームの真髄に迫る!【特別編】【僕らの熱い夏2019】
第76回 大村工(長崎)「強打の1番・作本ら、個性豊かな選手が揃う今年のチームに注目!」【後編】【僕らの熱い夏2019】
第531回 【長崎展望】「激戦度は例年以上!初戦から好カード続出!」【大会展望・総括コラム】
第35回 清峰が悲願達成したが、伝統の海星に長崎日大、波佐見、佐世保実が追う(長崎県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
福岡大大濠vs大村工【2016年春の大会 第138回九州地区高等学校野球大会】
作本 想真(大村工) 【選手名鑑】
長濵 篤柾(大村工) 【選手名鑑】
大村工 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム