第13回 安城(愛知)「持っている力をすべて出し切り、県大会ベスト8の夢を成し遂げる!」2019年06月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]先輩たちに追いつき、追い越す夏
[2]長い夏を過ごしたい!/平常心で戦おう!

先輩たちに追いつき、追い越す夏



スタンドへ挨拶する安城野球部

■家庭科を専攻する学科がある

 教育スローガンに「きっとできる できるまでやる」を掲げている愛知県立安城高校。現在は普通科と、家庭科目を中心とした生活文化科の2つの科の生徒合わせて940名が在籍している。

■先輩たちの背中を追いかける

 3年生5名、2年生20名、1年生16名の41名の選手に、8名のマネージャーの計49名が日々練習に励んでいる野球部。新チーム結成時は、「先輩方が3季連続でベスト8まで勝ち進まれたので、先輩方に追いつくためにもベスト8を目標にしました」と鈴木輝主将は語った。

 そして迎えた秋季大会、西三河地区に所属する安城は順調に一次予選を突破。二次予選に勝ち進み県大会出場決定戦まで勝ち上がった。県大会出場をかけた豊田北との試合がチームの成長に欠かせない一戦だったと鈴木主将は話す。

 「自分たちの野球が全くできず、0対5で敗れ悔しい思いをしました。この試合の後、全員が『このままじゃダメだ』と感じて、本気でミーティングしたことは今でも忘れられません」

■打撃を武器に目標達成を目指す

 そしてオフシーズン、安城はスイング力を強化するためにバットを毎日振り込んだ。時には膝にチューブを巻いて、中腰の状態で塁間を歩いて下半身を鍛えるなど、選手それぞれがレベルアップを図ってきた。

 そして現在は攻撃の引き出しを増やすことで、今年のチームの武器である打撃にさらに磨きがかかった。

 他にも大胆なポジショニングや団結力をウリに県大会でベスト8入りを目標に今も練習をしている。

■キーマンは3年生5人

 丁寧なピッチングを持ち味に、エースとして投げてきた安部純平。さらに4番して勝負強いバッティングを見せてくれた市川剣の2人がここまでチームを牽引してきた。

 ただ夏は3年生5人(鈴木輝、白草大剛、髙橋航大、楳村謙心、安部純平)に大事な場面で回ってくるはずだ、と鈴木主将は睨んでいる。最後の夏にかける思いをどんなプレーで表現するのか、注目だ。

 またチームのムードメーカーである浦竹エイジもベスト8を目指すチームにとって欠かせない存在だ。

【次のページ】 長い夏を過ごしたい!/平常心で戦おう!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
桜丘vs安城東【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
安城東vs名古屋工【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
安城vs衣台【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
安城vs豊田大谷【愛知県 2019年春の大会 第140回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
第749回 東西ともに熱戦が繰り広げられた、愛知100回目の夏を振り返る!【大会展望・総括コラム】
安城vs猿投農林【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
第708回 連日接戦の気配漂う、東西愛知大会の夏の展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第69回 私学4強がそれぞれの力を示すも、微妙に勢力構図も変化し混戦の様相【愛知・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
安城 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム