第12回 石川昂弥は東邦打線の火付け役!平成最後のセンバツ優勝へ、打ち続ける!2019年03月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第91回選抜高等学校野球大会第8日の東邦vs広陵の一戦は東邦が12対2で広島広陵を破り、準々決勝進出を決めた。勝利の立役者となったのは石川 昂弥だった。甲子園第1号となるソロ本塁打を含む2打点の活躍を見せた7打数3安打4打点の活躍を見せる石川を振り返る。

甲子園第1号はゆっくりとベースを回った



石川昂弥(東邦)※写真=共同通信

 打って投げて走っての大暴れだった。
 まず見せたのは足だった。

 1回表、二死一塁の場面から盗塁に成功。2ストライク2ボールの場面だったが、石川自身、走れる雰囲気があったという。
「モーションなどを見て走れる雰囲気がありましたし、実際に走れると思った場面で走ったときと盗塁の失敗はほとんどありません」と語る。石川自身、特別足が速いとは思っていないが、感性の鋭さは素晴らしいものがある。

 そして3回表、甲子園初アーチ。2ストライクから追い込まれた6球目だった。
「追い込まれていたんですけど、甘く入った変化球を逃さず打ち返すことができました。打った瞬間、本塁打だと確信しました」
打球は高々と上がり、レフトスタンドへ。甲子園第1号本塁打となった。石川はゆっくりとダイヤモンドを回り、感慨にふけっていた。本塁打を打って石川自身、「ほっとした気持ちとなり、今までより楽な気持ちで打席に構えることができました」

すると7回表には左前安打、8回表にはスライダーを捉えレフトへ大きな犠飛。
「7回表はパワプロの応援歌が聞こえていて、僕はその応援歌だと打てるので、好きです。8回の犠飛は思った以上に伸びてくれて驚いた打席でした」と振り返る。

また投手ではいつもよりコントロールを意識。ポイントとしていたアウトコースへのスライダーがズバリと決まり、6回を投げて、被安打4、無失点の好投。ここまで15回を投げて、1失点と抜群の安定感を発揮。最速142キロのストレートとキレの良いスライダーをコンビネーション良く投げ分ける投球は昨秋よりも群を抜いている。

 石川が打ち始めてから16安打、石川が走り始めてから7盗塁。まさに石川は東邦の攻撃の火付け役である。

 平成最初のセンバツで優勝したのが東邦。もちろん平成最後のセンバツでも優勝したい思いがある。石川の父・尋貴さんはベンチ入りこそならなかったものの、選抜優勝のメンバーだった。親子ともに優勝したい思いは強い。今もアドバイスされることも多い。

 準々決勝の筑陽学園戦でも石川から東邦打線は火が付くのか。第1打席から見逃せない。

取材=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第54回 ベスト4で唯一、完投なし。なぜ中京学院大中京は3人以上の継投をするチームになったのか?【101回大会特集】
千葉日大一vs東邦大東邦【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
第222回 2019年 石川昂弥や黒川史陽など地方大会でキラリと光ったドラフト候補の野手たち【ドラフト特集コラム】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1回 センバツの輝きを取り戻せなかった東邦・石川昂弥 不完全燃焼に終わったラストサマー【101回大会特集】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第956回 「野球を愛する純粋な高校生」目指すは見るものをワクワクさせる野球選手 山田紘太郎(西尾東)【後編】 【2019年インタビュー】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
東邦vs習志野 2【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs習志野【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs明石商【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム