目次

【目次】 [1]春季大会優勝し夏につなげる!
[2]チーム力、スケールアップで甲子園目指す!

春季大会優勝し夏につなげる!


■プロ野球選手を多数輩出した伝統校

 和歌山県日高郡みなべ町にある南部は1904年に和歌山県立農林学校として創設された伝統ある公立校。甲子園には春4度、夏2度の出場経験があり、岡本洋介(阪神)や濱中治(阪神一軍打撃コーチ)など多数のプロ野球選手を輩出している。秋は県大会3位で近畿大会に進出。1回戦で履正社にコールド負けを喫したが、2001年春以来の甲子園出場に向けて視界は明るい。

■南部野球部の紹介

 現在は2年生、1年生7名の計26名で活動している。
・元気がある
・諦めない
・打撃力
 以上の3つがチームのウリで甲子園出場を目指して日々の練習に取り組んでいる。

■最も印象に残っている試合は?

 主将の酒井柊人(2年)にとって印象に残っている試合は勝った試合と負けた試合でそれぞれ1試合ずつあるという。
 勝った試合は新人戦準決勝で智辯和歌山に2対0で勝利した試合。先制して守備では自分たちのペースでいくことができ、一番理想の試合ができたという。
 負けた試合は近畿大会初戦の履正社戦。2対11の7回コールドで敗れ、「全国レベルを知れて、何もかも圧倒されました」と強豪校の壁にぶつかった試合であった。

■新チームがスタートしてからここまで活躍してきた選手は?

 酒井は尾田優吾、湯川友貴、奈良勇夢、鎌倉航太、三上貢世の5人をここまで活躍した選手に名を挙げた。いずれも公式戦で本塁打やタイムリーを放ち、打撃面でチームに大きく貢献している。

 春以降のキーマンとしては鎌倉 海斗、周家一磨、尾田優吾、三木翔太の名前が挙がった。特に尾田は智辯和歌山戦で本塁打を打つなど、飛ばす力に定評がある。酒井は「打力でチームを引っ張っていってくれると思います」とその打棒に期待を込めた。

■冬の意気込み

 「この冬は『スケールアップと個々のスキルアップ』をテーマに取り組んでいる。2年生は悔いがないように全ての面でスキルアップし、春につなげること、1年生は体力面でのレベルを第一に考えて取り組んでいくことが目標だ。チームとしては春季大会で優勝することを目指し、夏に繋げていくことを目標としており、春夏連続の県大会制覇を目指す。

このページのトップへ