第5回 早稲田実業と早大学院のユニフォームの違いってどこ?大学系列校のユニフォームトリビア!2018年12月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


 ライター・手束 仁氏と高校野球ドットコム副編集長・河嶋 宗一による野球談義。高校野球の奥深い情報や面白話など高校野球通である二人が語ります!

 第5回ではユニフォームを語る上では鉄板ネタである、大学系列校に関するユニフォームデザインについて紹介したいと思います。

 大学系列校のユニフォームは大元である大学のユニフォームをかたどって作られることが多いです。
 例えば早稲田実業早大学院は早稲田大学のイメージカラーのえんじ色を基調とし胸に「WASEDA」と書かれたユニホームを着用しています。一見、同じように見えますが実は微妙な違いがあります。

 早稲田実業は胸にある「WASEDA」の文字がボタンの上にかかっていますが、早大学院はSとEで別れるようになっています。

 このように大学系列校のユニフォームの違いはパッと見ただけではわからない事もありますが、よく観察をしたら微妙な違いが見つかるかもしれません。皆さんも是非探してみてください。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 スポーツライター・手束仁はこう分けた!高校野球のユニフォームをカテゴリ分け!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第74回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「自ら考え、実践する野球が最後に結実!」【後編】【高校野球コラム】
第73回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「打たれた経験も、猛勉強した経験も成長には欠かせないものだった」【前編】【高校野球コラム】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs日体大荏原【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第802回 総合力の東海大菅生が優勝最有力候補?ベスト8の顔ぶれと対戦カードのポイント!【大会展望・総括コラム】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
早稲田実業vs帝京【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs拓大一【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs早大学院【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第746回 早実の3年間は社会で生きる力を身に付けてくれた 及川龍之介さん(早稲田実業出身)【後編】 【2018年インタビュー】
早大学院 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
コメント (1)
智辯も奈良と和歌山では2018.12.07 渡世人
字体と色が違う
奈良の方が少し太く色は濃い赤
某オークションでパチモノを見分ける方法として字体の違いとユニフォームメーカーの違いがある。
パチモノは、奈良と和歌山と同じ字体にしていたり、メーカーも実際には使っていないメーカーが使われてたりするので注意が必要です。

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム