第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」2019年06月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]埼玉西武ライオンズ・髙橋 光成にも振り負けず
[2]ドームの舞台で未来を拓く躍動を

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第49回では7月13日(土)から13日間、東京ドームで開催される「第90回都市対抗野球大会」に四国地区代表として3年連続12回目の出場を果たすJR四国(高松市)に現れた「高卒ゴールデンルーキー」を紹介します。

埼玉西武ライオンズ・髙橋 光成にも振り負けず



都市対抗四国予選決勝戦で打席に立つ水野達稀(JR四国・遊撃手)

 「なかなかやるなあ」。
 2月26日・埼玉西武ライオンズB班(二軍)キャンプが行われていた高知県立春野運動公園野球場。最初は別選手の動向視察が目的だった私の目は次第に遊撃手を務めるJR四国の背番号「0」に引き込まれていきました。

 その男の名は高卒ルーキーの水野 達稀(右投左打・170センチ71キロ)。この名前を聞いて「お!」とつぶやいた方はかなりの「高校野球ドットコム」ヘビーユーザーでしょう。

 香川県立丸亀城西高時代は50メートル走6秒0俊足の武器に強肩強打攻守の遊撃手として鳴らし、高校通算本塁打も27本。昨年は超攻撃的リードオフマンとして丸亀城西の13年ぶり夏甲子園出場に大きく貢献しました。(当時のインタビューはこちら

 このように高卒プロ入りも十分可能な実力を有しながら、夏前の早い時期にJR四国入りへ進路を定めた水野選手。「最終目標はプロ入り」と当時から語っていたように、志の高さがこの日もプレーの随所に現れていました。

 まずは6回表に代打で途中出場するといまや5勝をあげ埼玉西武ライオンズローテーションの軸を担う髙橋 光成投手に対し「思ったより振り負けなかった」強いスイングを披露。強い当たりが災いしてこの打席は遊ゴロ併殺に倒れたものの、次の打席では今季一軍でここまで2試合に登板した國場 翼投手から見事に右前打。守備でも6回裏に難しいフライを処理するなどまるで社会人で数年プレーしているかのような動きを示したのです。

 「これはひょっとして、社会人1年目から出場機会を得られるかも」。そんな私の予想を3か月後、坊っちゃんスタジアムで水野選手はいい意味で裏切ってくれました。

【次のページ】 ドームの舞台で未来を拓く躍動を

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尽誠学園vs丸亀城西【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
花咲徳栄vs大分商【2020年甲子園高校野球交流試合】
丸亀城西vs多度津【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
第1217回 九州の豪腕から「全国屈指の豪腕」へ。最速148キロ右腕・川瀬堅斗(大分商)の決意 【2020年インタビュー】
第1134回 球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」外崎修汰を誕生させた、攻守における意識の持ち方 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第111回 センバツ21世紀枠の星・亀岡 優樹(松山東<愛媛>OB) 松山フェニックスで新たな道へ!【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
大分商 【高校別データ】
日南学園 【高校別データ】
榛名 【高校別データ】
榛名・富岡実 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム