第1回 中国大会王者・おかやま山陽に訪問!【選抜発表前直前レポート】2018年01月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


基礎トレーニングに取り組むおかやま山陽ナイン。雰囲気は良好だ。

 1月某日、おかやま山陽グラウンド。来たるセンバツへ向け、選手達は精力的に汗を流していた。この日の練習のメインはマシンを使ってのシート打撃。ただ順々に打っていくのではなく、4チームに分かれてのリーグ戦形式で行い、守備、走塁面も含めて、高い緊張感を保っていた。更にはこのチーム成績に応じて、シート打撃後の基礎トレーニングメニュー(タイヤ引き、インターバル走など)の内容が変動。リーグ戦の結果発表時には、選手達の「おおー!」というどよめきの声があがるなど、苦しい練習のなかにも「楽しむ」要素を盛り込む堤尚彦監督のアイデアが光っていた。

「リーグ戦形式にすることで競争意識をより強く持ってくれれば。それに加えて苦しいトレーニングメニューを課せられたとき、告げられた時に『よし!勝つためならやってやる!』という姿勢を見せる選手がどれくらいいるのかを見たいという狙いもあります」このように意図を語る堤監督。シート打撃では秋の段階で二桁背番号、ベンチ外でも鋭い振りを見せる選手の姿もあり、チーム内で競争意識が生まれ、活性化を図れているように感じられた。

 昨夏の甲子園を中軸として経験し、新チームでも打線の中心を担う森下 浩弥は「(接触プレーの影響で)夏は途中交代もあって、チームは初戦敗退。センバツではあの悔しい思いはしたくない、活躍したいという気持ちを強くもって、練習にも高い意識で臨めています」と力を込める。

 甲子園初勝利に向けて着々と準備を進めるおかやま山陽。球春の訪れとともに、自慢の打線から快音を響かせてくれそうだ。

 (文=井上幸太)

オススメ!
夏前に訪問したおかやま山陽のチーム紹介記事もチェック!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第930回 関西の5年ぶり甲子園となるのか?西純矢を擁する創志学園の連覇にも注目!【岡山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
第793回 高校野球3年間で身につけた自信を胸にプロへ挑む水谷瞬(石見智翠館)【後編】 【2018年インタビュー】
第792回 「軽く振って飛ばす」ことで自信が芽生えた中国地方注目スラッガー・水谷瞬(石見智翠館)【前編】 【2018年インタビュー】
第511回 執念で甲子園出場を! 6年ぶりの出場を狙う名門・倉敷商(岡山)の課題【野球部訪問】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第656回 倉敷商が制した春季岡山大会を総括!【大会展望・総括コラム】
乙訓vsおかやま山陽【第90回記念選抜高等学校野球大会】
創成館vsおかやま山陽【2017年 第48回明治神宮野球大会】
おかやま山陽vs下関国際【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
おかやま山陽vs瀬戸内【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
おかやま山陽vs創志学園【岡山県 2017年秋の大会 秋季岡山県高等学校野球大会】
森下 浩弥(おかやま山陽) 【選手名鑑】
おかやま山陽 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム