第19回 自分自身の基準を持つ「人間力」 我喜屋 優監督(興南)vol.12019年02月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大人の野球とは何なのか?
[2]自分自身の基準を持つ~人間力~


自分自身の基準を持つ~人間力~


インタビューを受ける我喜屋優監督

 「プロ野球でも、やっぱり「人間力」があれば、自分の欠点、相手の良いところ、この差を埋める練習が見つかる。それがない人は自分が良いのか、悪いのか見つからないですよ。やっぱり自分自身をはやく見つけないと

 つまり、「人間力」があると「やるべきこと」を見つけることができ「計画」を立てられるのである。

 では、「計画」を立てるために必要な「人間力」とは何なのか?我喜屋監督の思考を読み解いていく。 

 まず、人間力を構築する1つ目の要素は、「自分自身の基準を持つ」ということだ。

 そして、我喜屋監督は、この「基準」について自身の考え方、フィジカル面、更には他人の動きまで広げているのが次の言葉よりわかる。

 「できた我喜屋だなぁ、とかこれまた全然たりないなぁとか、あるいはこれ良いなぁとか、まだまだハングリーが足りないなぁとか。自分自身の身体についても、右手左手右足左足言うこと聞くなぁとか。他人の動きについても、あるいはそのエラーについても、早く見つけることです」

 まとめると、我喜屋監督の求める、人間力の1つ目は、「自分自身の基準を持つ」ということだろう。この基準を多く持てれば持てるほど、自身の修正点に気付くポイントも増え、明確な計画を立てやすくなる。そして、その後PDCAを回せるのである。

続きを読む▶︎「根っこ」を育てるには 我喜屋 優監督(興南)vol.2

文=田中 実

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第5回 琉球のドクターK・宮城大弥(興南) 世界の強打者たちにも三振の山を築く!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第66回 10名中4名が高卒ドラ1!甲子園の優勝校のエースの現在地【101回大会特集】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
明石商vs興南【2019年 練習試合(交流試合)・春】
西日本短大附vs興南【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム