第45回 北照 (北海道)編「捕手育成に定評のある北照のつながり!」2015年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高校時代の小畑 尋規(左)、土門 愛大(右)

【目次】
[1]二度の選抜ベスト8には必ず好投手と好捕手がいた
[2]近年の卒業生

 今回は1991年に甲子園に初めて出場し、春夏合わせて通算8度の甲子園出場、2度の選抜ベスト8という輝かしい戦歴を持つ北照高校のつながりについて紹介したい。

二度の選抜ベスト8には必ず好投手と好捕手がいた

 1901年(明治34年)7月、私立小樽商業高校として創立し、1951年(昭和26年)3月に現在の校名である北照高等学校に変更。初の甲子園出場は1991年夏となったが、この時は初戦で沖縄水産と対戦し3対4で惜しくも敗れた。
2000年の選抜で上村 和裕(元広島東洋カープ)捕手の活躍により、ようやく甲子園初勝利をつかんだが、その後は10年間甲子園から遠ざかった。

 転機は2010年。
この年の選抜では、投打の要でチームの顔でもある又野 知弥投手(元東京ヤクルトスワローズ)とその女房役の西田 明央選手(東京ヤクルトスワローズ)のバッテリーを中心に勝ち星を増やしていった。準々決勝の大垣日大戦(試合後コメント)では又野の不調により打ち込まれ敗退したが、ベスト8まで進んだ北照の快進撃は多くの高校野球ファンの記憶に刻まれたことだろう。

 2013年選抜はクレバーな投球術が光る大串 和弥投手(法政大)、主将で走攻守三拍子揃った吉田 雄人選手(オリックス・バファローズ)が率いるチームが見事な走塁技術と強気の守備で勝ち進んだ。
初戦菰野戦では4番強肩強打の捕手小畑 尋規 (立正大)が猛打賞を獲得するなど、攻守にわたり活躍し、足と小技でかき回して合計7得点。また先発の大串は決め球のスクリューを封印しながらも完封。地力の高さを見せつけた試合となった。

 結果的に準々決勝でこの年の優勝校となる浦和学院に大敗したが、今後の活躍を大いに期待させる大会となり、その後は北海道大会などで上位に名を連ね、安定した戦績を残し強豪校の仲間入りを果たしている。

 そんな北照の特徴として、2000年のセンバツ初勝利には上村、2010年は西田、2013年には小畑と結果を出した年には必ず好捕手がいたことが挙げられる。

 また、これまで北照高校は高卒プロ野球選手を9人輩出している。現役のプロ野球選手ではIBAF 18U ベースボールワールドカップ2013で主にリードオフマンとして活躍した吉田選手など野手を輩出している割合も高い。

 今夏の南北海道大会では選抜準優勝東海大四を破ったが、惜しくも決勝戦で敗退。今後も南北海道の強豪校として多くのプロ野球選手を輩出してもらいたい。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第28回 北照高等学校(南北海道)【5年ぶり4回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
沖学園vs北照【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第745回 【2日目見所】16年覇者・作新学院、選抜覇者・大阪桐蔭が対戦!北海道勢は2校が登場!【大会展望・総括コラム】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第48回 駒大苫小牧の連覇から10年、北海の準優勝で新時代到来【北海道・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第371回 二季連続出場を狙う札幌第一を止める学校は? 150キロ左腕・古谷(江陵)は勝利に導く投球ができるか?【南北北海道大会抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
北海vs北照【北海道 2014年秋の大会 第67回秋季北海道高校野球大会】
帯広三条vs北照【北海道 2013年秋の大会 第66回秋季北海道高校野球大会】
常総学院vs北照【第95回全国高校野球選手権記念大会】
浦和学院vs北照【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
植村 祐介(広陵) 【選手名鑑】
植村 祐介(北照) 【選手名鑑】
大串 和弥(北照) 【選手名鑑】
大野 雅也(北照) 【選手名鑑】
小畑 尋規(北照) 【選手名鑑】
齋藤 綱記(北照) 【選手名鑑】
土門 愛大(北照) 【選手名鑑】
西田 明央(北照) 【選手名鑑】
又野 知弥(北照) 【選手名鑑】
谷内田 敦士(北照) 【選手名鑑】
吉田 雄人(北照) 【選手名鑑】
北照 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム