第3回 第96回全国高等学校野球選手権愛媛大会 展望2014年06月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

【目次】
[1]Aブロック(1) 戦力充実の今治西が優位
[2]Aブロック(2) 金星狙う大洲に宇和島南
[3]Bブロック  注目集まる安楽擁する済美
[4]Cブロック  帝京五など実力校が集まる
[5]Dブロック  春Vの西条を松山聖陵が追走

激戦必至、愛媛の夏は今年も熱い!

 6月22日(日)「第96回全国高等学校野球選手権愛媛大会」(7月13日(日)開幕~28日(月)決勝戦)の組み合わせ抽選会が行われた。今年の愛媛県大会は済美の最速157キロ右腕・安樂 智大(3年主将・右投左打・188センチ87キロ・松山クラブ<現:松山坊っちゃん>ボーイズ出身)をはじめ全国レベルの実力選手たちが最上級生を迎え、各都道府県地方大会の中でも脚光を浴びる大会の一つと目されている。

 ただ、この夏に輝こうとしているのは彼らばかりではない。「逸材」と呼ばれる選手たちの他にも虎視眈々と磨けば光る選手達も爪を研いでいる。今回の愛媛大会展望はトーナメント表の左側からブロック別に展望を加えつつ、そういった原石の選手たちにもスポットを当てていく。

Aブロック(1) 戦力充実の今治西が優位

神野 靖大(今治西)

 昨秋は四国大会を4年ぶりに制しセンバツ出場を果たした今治西が第1シードから不完全燃焼に終わった聖地への帰還を狙う。

 丸2年間・愛媛高校野球の屋台骨を背負ってきた最速135キロ左腕・神野 靖大(3年・投手・170センチ64キロ・左投左打・今治市立宮窪中出身<Kボール愛媛県選抜>)と、越智 樹(3年・捕手・176センチ74キロ・右投右打・今治市立西中出身<Kボール愛媛県選抜>)のバッテリーや、春季四国大会準決勝では明徳義塾(高知)・岸 潤一郎(3年)から豪快にライトスタンドへ叩き込んだ主将・田頭 寛至(3年・遊撃手・170センチ64キロ・右投左打・今治市立立花中出身<Kボール愛媛県選抜>)など、選手層では県内随一。

 この夏はそこに2人の新鋭が加わりそうだ。

 1人は松山市立道後中時代に安樂と同じ学び舎で過ごし、松山リトルシニアで活躍した門田 諄也(3年・投手・175センチ72キロ・右投右打)。一時はサイドハンドに転向するなど苦心を重ねてきたが、再び腕を上げて以降は徐々に制球力も安定。センバツ以降における練習試合防御率は神野をしのいでいる。

 もう1人は昨秋四国大会松山坊っちゃんスタジアムレフトスタンド中段へ特大の3ランを放った藤原 睦来(2年・一塁手・184センチ86キロ・右投右打・今治市立大三島中出身<Kボール愛媛県選抜>)。

 冬に右ひじ手術を受けたことでセンバツは無念の登録外となったが、その状態も一塁守備に入れるまで回復している。もし愛媛大会で選手登録がされればGWの九州遠征・佐賀北戦で140m級の大アーチを飛ばした脅威の長打力が披露されることになりそうだ。

「安樂くんは世界一の投手。155キロを狙って130キロをファウルする意識を持たないと」。大野 康哉監督の打撃指導も熱を帯びる夏。彼らがどんな布陣で松山坊っちゃんスタジアムに現れるかを楽しみに待ちたい。

 ただその今治西とて、数々の曲者を倒さなければならないと打倒安樂を果たせる場所・準決勝までは到達できない。伊予は第82回大会で丹原を甲子園に導いた井上 伸二監督の下、巧打を備える横内 洸汰(投手・3年・178センチ68キロ・右投左打・松山市立西中出身)、ツボに入った時の長打力には見るべきものがある上杉 拓海(一塁手・3年・172センチ75キロ・右投左打・伊予市立港南中出身)を擁し、松山東は50メートル走5秒9のスピード感あふれる遊撃手・村上 貴哉(3年・173センチ73キロ・右投右打・松山プリンス<現:愛媛松山>ボーイズ出身)を主将に躍進を期す。その松山東と初戦で対戦する川之石4年前・第1シードの今治西を初戦敗退に追い込んでいる。学校創立100周年記念招待試合で済美明徳義塾に善戦した成果をここで見せたいところだ。

【次のページ】 Aブロック(2) 金星狙う大洲に宇和島南

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
済美vs高知商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
星稜vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第31回 高知商業高等学校(高知)【12年ぶり23回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第30回 済美高等学校(愛媛)【2年連続6回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第753回 【8日目見所】星稜vs済美、浦和学院vs仙台育英など名門同士の対決に注目!【大会展望・総括コラム】
第176回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.20 市川悠太(明徳義塾)「高校生ナンバーワンサイド。10失点を成長の糧に」【ドラフト特集】
高知商vs山梨学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第413回 鹿取 義隆氏【後編】「侍ジャパン」への入り口に立つ投手・指導者たちへ 【2016年インタビュー】
第412回 鹿取 義隆氏【前編】「侍ジャパン」への入り口に立つ投手・指導者たちへ 【2016年インタビュー】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第10回 第96回全国高校野球選手権大会 この球児たちのプレーを見逃すな! 投手編 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
安樂智大(済美)
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
石川 大祐(松山聖陵) 【選手名鑑】
伊丹 拓巳(帝京第五) 【選手名鑑】
伊藤 駿介(松山商) 【選手名鑑】
岩本 泰靖(宇和島東) 【選手名鑑】
上杉 拓海(伊予) 【選手名鑑】
榎 亮輔(新田) 【選手名鑑】
大上 拓真(小松) 【選手名鑑】
岡田 祐介(北条) 【選手名鑑】
岡本 雄大(八幡浜) 【選手名鑑】
尾﨑 亨四郎(三島) 【選手名鑑】
小田原 将之(南宇和) 【選手名鑑】
越智 達矢(丹原) 【選手名鑑】
越智 郁(松山城南) 【選手名鑑】
越智 樹(今治西) 【選手名鑑】
加藤 裕史(松山聖陵) 【選手名鑑】
門田 諄也(今治西) 【選手名鑑】
木村 智彦(松山聖陵) 【選手名鑑】
清家 悠太(帝京第五) 【選手名鑑】
国吉 翔平(松山聖陵) 【選手名鑑】
久保 翔磨(大洲) 【選手名鑑】
黒川 拳(新田) 【選手名鑑】
篠原 大樹(川之江) 【選手名鑑】
島田 真希(西条) 【選手名鑑】
嶋野 来樹(南宇和) 【選手名鑑】
嶋野 優樹(南宇和) 【選手名鑑】
昇 侑希(川之江) 【選手名鑑】
神野 靖大(今治西) 【選手名鑑】
田頭 寛至(今治西) 【選手名鑑】
田澤 誠(帝京第五) 【選手名鑑】
谷田 悠輔(宇和島東) 【選手名鑑】
樽茶 圭佑(東温) 【選手名鑑】
土岐 篤功(小松) 【選手名鑑】
徳井 雅希(今治北) 【選手名鑑】
中野 翔太(帝京第五) 【選手名鑑】
西浦 大生(帝京第五) 【選手名鑑】
橋本 幸樹(川之江) 【選手名鑑】
浜本 将成(新居浜東) 【選手名鑑】
日髙 潤基(東温) 【選手名鑑】
福島 弘樹(済美) 【選手名鑑】
藤原 睦来(今治西) 【選手名鑑】
松本 凌太(帝京第五) 【選手名鑑】
松本 将太(帝京第五) 【選手名鑑】
三上 幹太(新田) 【選手名鑑】
水口 貴仁(松山南) 【選手名鑑】
宮下 和也(大洲) 【選手名鑑】
村上 純生(新居浜東) 【選手名鑑】
村上 貴哉(松山東) 【選手名鑑】
目見田 航太(丹原) 【選手名鑑】
矢野 義記(西条) 【選手名鑑】
横内 洸汰(伊予) 【選手名鑑】
余吾 賢哉(丹原) 【選手名鑑】
渡辺 翔吾(東温) 【選手名鑑】
和田 蓮次郎(済美) 【選手名鑑】
今治北 【高校別データ】
今治北大三島 【高校別データ】
今治西 【高校別データ】
伊予 【高校別データ】
宇和島東 【高校別データ】
宇和島南 【高校別データ】
大洲 【高校別データ】
大洲農 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
川之石 【高校別データ】
川之江 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
西条 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
丹原 【高校別データ】
津島・南宇和 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
東温 【高校別データ】
新居浜東 【高校別データ】
新田 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
松山北 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
松山城南 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
松山中央 【高校別データ】
松山南 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
南宇和 【高校別データ】
八幡浜 【高校別データ】
八幡浜工 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム